知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

就活生必見!ピアスホールを拡張している人は対策が必要

2018.4.28

就活を始める学生は、ビジネスマナーが分からないので些細な事でも迷ってしまうと思います。

今どき、ピアスをしている人は珍しくありませんので、ピアスホールが開いている事でマイナス評価になることは減りました。それでも、就活中のピアスの取り扱いには注意が必要です。

特に、ピアスホールを拡張している人はピアスを外しても穴が目立ってしまいます。

就活中のピアスホールはあまり影響しないけど拡張しているのはNG!?

就活にピアスやピアスホールは厳禁という時代もありました。しかし、今は普通のピアスホールが開に関しては合否に影響しにくくなっています。

昔よりもピアスをする事が一般的になってきているため、ピアスホールが開いている人に対する印象が変わってきている事と、ピアスをしていない事を条件にしてしまうといい人材も逃してしまう事になるからです。

もちろん、ピアスホールが開いている人と開いていない人では、抱く印象に多少の差はあると思いますが、そもそもピアスホールを開けているかどうかをチェックしていない企業もあります。

ただし、過度にピアスホールが開いていたり、拡張している場合は注意が必要です。一般的な両耳1つずつのピアスホールは許容されても、無数に開いていたり拡張していると良くない印象になってしまう可能性があります。

どれくらいまでならOKかという基準は企業によって異なるのではっきり言えませんが、ピアスを外していてもピアスホールが目立つ場合は対策をした方が良いでしょう。

就活でピアスホールの拡張よりも面接官が大切にするポイントとは?

多くの企業ではピアスホールが開いているかどうかよりも大切にしている事があります。それはフィーリングです。

質疑応答の内容よりも、雰囲気や人柄などを応答の仕方から見られているのです。もちろん、外見が印象に影響する場合も多いので、清潔感のある服装を心掛け、ピアスホールが目立つ場合は隠すなどの対処をしていくことは必要だと思います。

しかし、フィーリングを重視する企業が増えているため、自分の内面や熱意をしっかりと伝える事が大切です。自信をもってハキハキと話し、自分の思いを伝えるようにしましょう。

ピアスホールの事を気にするよりも、そういった内面を伝える努力や練習をして全体的に好印象を与えられる方が良いと思います。

フィーリングというと漠然としていて、どんな人物がその企業にマッチするのか分かりにくいかもしれませんが、面接対策の基本である「企業が求める人物像」をホームページや資料などから探ってみると見えてくるでしょう。

就活ではどこまでOK?ピアスホールの数や拡張の大きさについて

就活では通常のピアスホールが開いているくらいなら合否に影響がなくなってきているとは言いますが、「通常」とはどのくらいの事を言うのか基準が知りたいですよね。

ピアスホールを開けていても左右の耳たぶに1つずつで、拡張などをしていない状態ならあまり気にすることはありません。いわゆる「ファーストピアス」の大きさよりも拡張している場合は、ピアスを外していても穴が目立つので派手な印象を与えてしまいます。

派手でも成績優秀で真面目な人はいますが、どうしても不真面目だったり仕事が長続きしないのではないかという偏見を持たれてしまう可能性もあるので、対策が必要です。

なお、ピアスの軸の太さはゲージ(G)という単位で表されるのですが、0~20Gまであり、数が少ない方が太く大きい方が細くなります。ファーストピアスの軸の太さは平均16Gくらいです。

また、耳たぶの拡張以外にも耳の軟骨や鼻、唇など見えやすい部分にピアスホールが開いている人も注意が必要です。耳たぶのピアスに比べて、特にボディピアスは日本ではまだ一般的とは言えません。

本人の良さを知ってもらう前に偏見を持たれてしまうことほどもったいないことはありません。就活でのTPOをわきまえている人物だと思ってもらえるように対策しましょう。

実際に仕事をすることを考えると、塞ぐのも良いと思いますが簡単に塞がらない場合もあります。選考直前に焦らないように、早めに対処しましょう。

就活で拡張したピアスホールを隠す方法

就活では拡張したピアスホールをコンシーラー、ファンデーションで隠そう

あまり大きな穴でなければコンシーラーやファンデーションで穴を埋める方法があります。自分の肌の色や耳の色に合った色を選びましょう。

就活では拡張したピアスホールにリップクリームも使えます

リップクリームでも穴を埋める事が出来ます。ただし、油分で髪が張り付いてしまう事もあるので注意が必要です。

就活ではファンデーションテープで拡張したピアスホールも隠せます

傷口やあざなどを隠すために使われているテープで薬局などで販売されています。ピアスホールよりも大きめに切って貼りましょう。

ただし、耳が出ていて両耳にテープが張ってあると不自然な場合もあります。ピアスは長期間付けていないと穴が目立たなくなることもあるので、時間がある人はピアスの着用を控えてみても良いでしょう。

なお、髪の毛でピアスホールを隠す方法もありますが、男性の髪の毛が耳にかかる長さだと清潔感に欠けますし、女性も長い髪はまとめるのがベストです。

女性でショートボブくらいの髪の長さなら髪の毛が耳にかかるけどまとめる程ではないので、隠すことも出来るでしょう。

就活ではピアスを付けないのがマナー!

ピアスをつけたまま就職活動をするのは避けましょう。業種にもよりますが、ピアスは外しておいた方が無難です。

注意したいのは面接以外の場所でもピアスは外すということです。例えば、合同説明会の会場などでは沢山の就活生がいます。特別目立つようなピアスをしていなくても、他の就活生がピアスを外していると付けている就活生は悪目立ちしてしまいます。

最近はピアスホールが開いている事自体は選考の合否に影響しなくなってきてるとはいえ、「ピアスホールが開いている」事はOKでも「ピアスをしたまま面接を受ける」事をOKとしない会社も多いです。

就職活動ではピアスを付けている事はマナー違反だと思ってください。マナー違反を平気でしている就活生に不快感を抱く面接官もいるでしょう。

なお、前より少なくなってきたとはいえ、業種や職種によってはピアスホールも合否に影響してしまう可能性はあります。真面目さが求められる職種ではピアスを外していてもピアスホールが目立つ場合は隠すようにしましょう。

同じレベルの就活生が選考に残った時に、最終的にピアスホールの有無が決め手になってしまう可能性はゼロではありません。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 仕事や職場で役立つ知恵