知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

スカートの生地と季節の関係は?おしゃれ女子になるための秘訣

2019.4.8

スカートの生地がウール素材であれば冬に着るものとわかりますが、ポリエステルや綿だとどの季節でも着ることができるように感じませんか。

しかし、季節によって多く販売されているスカートの生地は違います。

今回は、スカートの生地と季節の関係性やおすすめのファッションを紹介します。

一年中使える生地も出ていますが、四季がはっきりしている日本だからこそおしゃれ女子なら季節感を出したファッションを意識してみましょう。

春や夏の季節におすすめのスカートの生地について

スカート生地にはいろいろあり、オールシーズンに使えるものもあります。ですが、その季節に合わせた生地を選ぶことで、快適に過ごすことができたりファッションにも季節感を楽しむことができます。

春や夏に向いている生地は、軽やかな印象があり通気性が良いものがおすすめです

コットン生地

吸水性や通気性に優れていて、夏に大活躍の素材です。コットンは肌触りが良く、Tシャツやブラウスなどにもよく使われいる素材です。天然素材なので肌にもやさしく、軽い印象もあります。シワになりやすいですが、アイロンをかけることができるので扱いやすい生地でもあります。

シフォン生地

レーヨンやナイロンから出来ている平織りの生地です。非常に薄く、軽やかさがありますので、見た目も春夏の季節に向いています。生地が薄いので熱がこもらずに涼しさもあります。

コードレース生地

コードレースとは布地の上に細い糸で刺繍が施されている生地で、チュールレースやリバーレースの上から刺繍されている生地もあり、模様を重ねることで立体感が感じられる生地です。刺繍があることで女性らしさとエレガントな印象がありますので、お出かけ用にもピッタリです。レースという繊細な作りなので扱いには注意が必要です。

冬の季節におすすめのロングスカートの生地

冬のスカートには厚地で保温性のある生地がおすすめです。ふっくらと厚みのある生地や起毛加工されている生地などは寒い時期しか着ることができないので、冬ならではのファッションの楽しみです。厚手のタイツと合わせて可愛く着こなしてみてください。

コーデュロイ生地

コーデュロイ生地は馴染みのある人も多いのではないでしょうか。子ども用の服にも人気のある生地で、秋冬の定番の生地です。コーデュロイ生地は畝があるのが特徴で、畝の太さもいろいろあります。畝が太いと生地が厚めでハリのあり、カジュアルな感じを出すことができます。畝が細い生地なら柔らかく滑らかさもありますので、スカート生地にもオススメです。コーデュロイ生地には光沢がありますので、着こなし方によってカジュアルにもエレガントにもできます。ホコリがつきやすいので、着用した後は洋服ブラシをかけてホコリを落として繊維を整えるようにしてください。

ベロア生地

ベロア生地も厚地で保温性が高く、生地に光沢があるので高級感があります。柔らかく手触りの良い生地で、冬の人気の生地のひとつです。光の当たり具合で生地の色合いが違って見えるという面白さもありますので、ロングスカートがおすすめです。ベロア生地のプリーツスカートは立体感のあるデザインなので生地にも深みが出てステキです。

ウール生地

冬の定番でもあるウール生地はスカートにも多く使われています。生地には厚みのあるものから薄手のものまで様々ありますが、どれも保温性に優れているので暖かいです。
生地には弾力があり、型崩れやシワになりにくいのでスカートにもピッタリです。

季節感を出すためには、スカートの形だけではなく生地選びも大切です

スカートは長さや形、デザインが豊富なのでついついスカートの形ばかりに目がいってしまいがちですが、季節に合わせた生地を選ぶことも大切です。

例えばデニム生地は一年中着ることができますが、デニム生地にも厚いものから薄いものまで、生地の厚みは様々です。冬に薄い生地を選んでしまうとタイツや下着などで寒さ対策が必要になってきますし、逆に夏の暑い時期は厚手の生地は着ていられません。また、季節にあっていない厚みのある生地は見た目にもチグハグな感じがしますし、トップスとの相性も難しくなります。

オールシーズンの生地は便利になりますが、季節にあった生地を選ぶことで、ファッショにも季節感を出すことができます。
機能面だけでなく、夏には軽く涼しげなイメージ、冬には暖かみのあるほっこりした雰囲気を出すことも大切です。

これまでスカートのデザインだけにこだわっていた人も、生地選びにも注目してみると、よりファッションを楽しむことができます。

春と秋、同じ生地のスカートをはくのはやめましょう

春と秋のように気温が同じくらいだと、スカートも春秋用として同じスカートを履いてしまうかもしれません。春と秋では気温に差はありませんが、気候が違ってきます。春はこれから暖かくなっていくので、日差しや風にも暖かさがありますが、秋の空気はどこかひんやりとしていて、風があると寒く感じてしまいます。

春のスカートの生地には薄手で通気性の良いものが向いています。厚地の生地だと着ている本人も目にする方も暑苦しく感じてしまいます。冬の季節をいつまでも引きずり、垢抜けない印象も受けてしまいます。
一方の秋なら、厚みがあり温かさが感じられる生地を選んでください。どんどん寒くなっていく季節に薄い生地のスカートをはいていると、見ている方でも寒く感じてしまいます。上着などとの相性もよくありません。

生地の厚さには問題がなくても、春と秋では同じスカートでも印象は違ってきます。
日本には四季があり、衣替えの習慣があります。せっかくの日本独特の四季ですから、ファッションでも楽しむべきです。

春と秋のファッションでは、洋服の色合いが違ってきます。春はパステルカラーなどの薄めで軽い色を選び、さわやかな印象を好みますし、秋はカーキやブラウンのように色も重めのものがしっくりと合います。

冬の季節感と大人っぽさを表現できるおすすめのスカートコーデをご紹介します

冬のスカートは素材によってイメージを変えることが出来るので、ファッションの楽しみ方のひとつでもあります。レッグウェアとの組み合わせにこだわってみたり、ブーツを合わせてみたり、いろいろ楽しんでみてください。

コーデュロイのロングスカートに合わせるならショート丈のざっくりニットがおすすめ

セーターでも良いですが、少し薄手のブラウスに厚手のカーディガンという組み合わせだと抜け感も上手に出すことができます。
ショート丈のカーディガンはボタンを全部とめるとセーターとしてもきることができますよ。

ウール生地のロングタイトスカートにはゆるっとしたタートルセーターがステキです。ショート丈のセーターならそのままで、丈が長めのセーターなら裾をゆるっとスカートの中に入れるとシルエットもキレイになります。ゆるめのセーターには寒色系をもってくると引き締まったイメージになります。

タイツとの組み合わせも冬ならではです。厚地のタイツならほっこりとしたイメージを出すことができますし、カラータイツで遊んでみたり、タイツの上からソックスを重ねてみたり、いろいろ遊ぶことができます。ショートブーツを選らんでみたり、靴とのバランスも楽しんでみてください。

スカートの生地は季節に合わせたものを選び、ファッションにも上手に季節感を出して楽しんでみてくださいね。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 知識や雑学