知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

テスト勉強のやる気が出ない・・・前日に最低限やるべきこととは

2018.6.3

やらなきゃいけないことはわかっているのに、前日になってもテスト勉強のやる気が出ない・・・なんてことがありますよね。

でもだからと言ってそのまま現実逃避してしまうと、ヒドイ結果が待ち受けていることは明らかです。

時間が無い中でも、今出来ることを最大限にやりましょう。

テスト前日の勉強法や、やるべきポイントについてご紹介していきます。

試験前日なのに、テスト勉強のやる気が起きない!そんな時の勉強法

テスト前日になってもやる気が起きない・・・よくあることです。
ではせめてどんな事をしておくべきなのか。

前日なら、学校で使っているテキストや学校でやったプリントを見直して復習をしましょう。全体を見直すのは無理です。

復習をしっかり行うだけで60点くらいは取れるでしょう。

テスト範囲もわかっていると思いますので、手っ取り早く復習できるものから始めていきましょう。

一番成果が出るのは、テスト範囲を見て勉強の計画を立て、時間に追われながらやること。そして、3ページを1時間以内で終わらせるなど、何か目標を立てるのもおすすめです。
時間を設定して時間に追われながら勉強をすると集中力も増します。

合間の5分間に好きな音楽を聴いたり、算数が終わったら次は社会をやるなど、科目を変えて勉強をするのも効果的です。

ストップウォッチ片手に勉強をするだけで、2~3時間はあっと言う間にすぎてしまうでしょう。

やる気が出ないまま試験前日に・・・前日のテスト勉強法とは

一度解いた問題をテスト形式で解き直すのも効果的です。

テスト前に新しいことを勉強しても意味がありません。
それまで勉強した個所を復習することの方が重要なのです。

一度解いた問題集やプリントなどを見直して、本当に理解できているか確認するためにももう一度解き直してみるのです。

ワークや過去問をテスト形式で時間を測りながら問題を解いていきましょう。

間違えたところがあるのは、一度解けた問題もその時に偶然解けてしまっただけのことです。理解はしていなかったということがわかるので、可能な限り全て直していきましょう。

テスト範囲が広くて全部を解き直せないのであれば、最初に解いて間違えた部分を中心に再テストしていくと理解もしやすくなるでしょう。

暗記が必要なものもあります。英単語や理科、社会など覚えておきたい用語は、寝る前に見直すといいでしょう。

寝る前は記憶に残りやすいので、最終チェックするのに最適です。

いずれにしても、前日になって新しいことをしようとするのは無謀でしかありません。復習を中心に勉強を進めましょう。

前日になってもテスト勉強のやる気が出ない・・・そんな時は一旦リセット!

やる気がないのであれば、一度気持ちをリセットするしかありません。

お風呂に入ってみてはどうでしょうか。

お風呂に入ってサッパリすれば、単純にスッキリさせることもできますし、リラックスすることもできます。
それまでのイライラややる気のなさも少しは改善できるかもしれません。

お風呂に入るという行為自体がある種のリセットになるので、テスト期間中はお風呂に入るのもおすすめです。

お風呂に入りまくれ!というわけではないので誤解のないように。

お風呂はあくまでも提案で、お風呂じゃなくても自分なりの「リセット」手段を持つべきだという事を知ってほしいのです。

散歩や運動でもいいですし、勉強場所を変えてリセットするのも方法の一つです。

自分なりのリセット手段があれば、集中力が続かなくてやる気がでないときなど、とりあえずそれをやってみるだけで状況が改善するか試すこともできます。

長くても30分以内で終わる行動を見つけましょう。何時間もかけてリセットをするのは本末転倒です。

前日にテスト勉強をする場合は、死ぬ気でやる?

徹夜をする人もいますが、記憶するために必要なのは「集中力」です。

徹夜をするしないにしても、1時間ただダラダラ勉強するのと、10分だけ集中して勉強するのとでは内容が全く違います、集中して暗記した方が絶対に覚えられます。

事故の瞬間スローモーションのように見えた・・・という話を聞いたことありませんか?

あるいは、現実にはないことですが、「明日までに暗記をしないと命が危ない」という状況下だと、死ぬ気で覚えようとしませんか?

人は緊急事態の時に最も集中力が高まります。死ぬ気で覚えるという意識を持つことも必要なのです。

集中力を極限まで高めた中で覚えた単語は絶対に忘れないのです。

人には、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚といった五感があります。あなたの目、手、足、耳、口を使って記憶していくのも効果的です。

五感全てを使って記憶するのですが、例えば、大きな声で読みながら歩く、音読しながら紙に書いて覚えるのです。

ただ頭のなかで暗記をするよりも効果があります。お試しを!

もうテスト勉強する時間がない・・・試験前日にやるべきこと

復習をすることが大切ですが、テスト範囲全て細かく復習しては時間がかかります。

的を絞って取り組むことが大切です。

とはいっても、どこに的を絞ったらいいのかわかりませんよね。当てずっぽうで勉強しても時間がもったいないです。

的の絞り方ですが、必ず勉強しなければならない箇所を理解することが必要です。

国語と英語の教科書は必ず読み、英語の本文に出てくる熟語は書けるようにしておかなければなりません。計算問題を間違えずに解けるようにしておくことも必要ですし、短い文章問題の①くらいは必ず解けるようにしておくことも必要です。

徹夜はできるだけ避け、適度な気分転換をしながら勉強を進めていきましょう。

勉強後に友達とメールをしたくなることもありますが、これは絶対にしてはいけません。
集中力もかけ、勉強していなくてもした気になってしまうからです。

試験前日くらいは友達とのメールを断つくらいの気持ちでいましょう。頑張って!

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 学校や勉強の知恵