知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

テニスを子供に習わせてるのは何歳から?出来るだけ早く始めよう

2018.6.4

大人になっても楽しめるテニスは出来れば、小さい時から習わせたいと思いますよね。

テニスを子供に習わせたい!何歳からスクールには通えるの?通わせればいいの?と迷っている親御さんも多いのではないでしょうか。

テニスを始める場合の年齢や費用、服装などについて調べてまとめてみましたので是非参考にしてみて下さい。

テニススクールに通わせたい!子供は何歳から?

テニス教室には何歳から通わせる?

テニスはラケットなどの道具を使うスポーツなので、ある程度体が大きくならないと難しそうです。大体のテニススクールの入会年齢は4歳前後です。

就学前までは本格的なテニスというより、ラケットを使った簡単な遊びや運動がほとんどです。ラリーやボレーなどの練習や試合があるのは小学校に入ってからが多いです。

就学前の段階では軽く楽しむくらいの気持ちで始め、本格的にテニスを習わせるのは体がしっかりしてきた小学校入学後がよさそうです。

習い事にテニスを選ぶメリット

テニスをすると総合的な運動機能を伸ばすことができる

テニスは一見すると「打つ」という動作しか目に付きませんが、実際は「走る、飛ぶ、打つ」という色々な運動能力が必要になります。「瞬時にボールが飛んでくるスピードや方向を判断して、そこまで走り打ち返す」これだけの動作を考えても、ボールの速さと方向を判断する動体視力、走れるだけの体力、打ち返すための筋力を使うことになります。自然と総合的な運動能力を高めることができます。

テニスをするとメンタルが強くなる

テニスは基本的にシングルスポーツです。自分のメンタルの状態がそのまま自分のプレーに現れます。だから世界ランキング上位の選手でも、メンタルコントロールが出来ないと格下の選手に負けてしまうこともよくあることです。

自分の状態を把握しコントロールすることを学べるのは個人競技のスポーツです。メンタルコントロールのスキルは、スポーツたけでなく仕事や私生活でも役に立つスキルです。

テニスは戦略性が身につく

テニスにはどのタイミングでどんな球を打つのかがとても大切になってくるスポーツなので、相手との心理戦も重要になります。

一生テニスを続けることが出来る

テニスの場合定年後の趣味としても続けること出来ます。テニスは子供のころから始めて一生続けることが出来るスポーツです。

テニススクールに通わせたい!子供は何歳から通わせる?

テニススクールの小学生を見ると、小さい頃からやっているのか、そうでないのかすぐにわかります。

例えば、テニスのスロークはスピンが主流です。思い切り振り抜いても、スピン回転でボールが落ちるので、フラットボールを打つより格段にストロークが安定します。

しかし、テニスをやったことのない子供にボールを打たせても、スピン回転がかかるような打ち方になることはありません。

テニスのトップスピンをかけるラケットワークと言うのは、テニス独特の動きで練習しないと身に付かないのです。

どんなに運動神経のいい子にラケットを渡しても、何も教えなければ、横降りでフラットかスライスの球になります。ボールを前に飛ばすだけなら、スライスの方が力もいらず簡単に飛びます。何も教えないと、子供は「ボールが飛ぶから、これでいい」とおもっしてしまうので注意しましょう。

テニスは独特な動きを身につける必要があるので、早めに正しい指導を受けることが子供のためになります。

テニスを始めるなら子供は何歳から?トップジュニアになるには

トップジュニアの要素

  • スタートが早い
  • 競技歴が長い
  • スクール以外で個別の練習環境がある

スタートが早い

早ければ3歳、4歳くらいからテニスを始めています。親がテニスをやっているので遊びに行って始めたという場合や、3歳で始められるテニススクールで始めたなど低年齢で始めている場合が多いです。また小学1~2年生くらいは試合に出ることを視野に入れ競技系のスクールに入っています。

競技歴が長い

試合にで始める年齢も早いので競技歴が長いです。小学1、2年生公式の大会に出場します。高学年になるころにはシードがもらえたりして優位にたつこともあります。

スクール以外での個別の練習環境がある

お父さん、お母さんもテニスが出来るほうが有利です。もし出来ない場合は個人レッスンすることになります。トップクラスのジュニアは個別レッスンをしたり、週末にお父さん、お母さんとしっかりと練習できる環境があります。

テニスの習い事を始める場合の費用と服装について

テニスはお金がかかるイメージありませんか?実際はそういうわけでもありません。スクールによっても異なりますが、大体週1回のレッスンで、月額5000円台から6000円台です。もし私用でレッスンを休んで他の日に振替をしたい場合、振替料金が発生する場合があります。100円~300円程度です。インドアのスクールの場合そのような決まりが多いです。

入会金や年会費がかかるところもあるので事前に調べて見て下さい。キャンペーンなどで無料になるところもあるので気になるスクールの情報はしっかりチェックしましょう、

子供がテニスをする場合に揃える物、服装は?

テニスを始める場合、必要になるのがラケットです。自分で用意する場合は大型スポーツ店などで、見て触り店員さんに教えてもらいましょう。シューズ、Tシャツ、ハーフパンツなどの運動に適した服が必要になります。

テニスを子供達に習わせています! もう少し早く始めれば・・・。

今日はジュニア1のレッスンの日でした。今日も最後の方に少しだけ見に行きました。ボレーの練習でした。少し前までは棒立ちでしたが、最近は下半身も使って打てるようになりました。ボレーはまだまだ手と足があっていない感じでした。

我が家の子供は6歳と、9歳からテニスを始めました。テニスは「10歳までに全てのショットを覚える」必要があると言われています。子供の開始時期は遅すぎたと感じました。

ただやみくもに早く始めればいいかというとそうでもありませんので、そこも難しい所ですよね。早く始めてもなかなか上達しない子供もいます。

運動神経の良しあしは3歳までの運動量や質によって決まるとも言われていますので、子供が小さいうちに色々な種類の運動をさせてあげることが大切なことかもしれません。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - スポーツ・芸術を高める知恵