知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

味噌汁にバター?プロも認める驚きの隠し味を紹介!

2018.3.23

味噌汁の具は、ある意味なんでもアリ。地方によっても具材になる食材には多種多様なものがあります。

実は、バターを始め味噌汁にちょっと加えるだけで、いつもの味噌汁が変身する方法がたくさんあるのをご存知ですか?

キッチンに常備していても、普段は絶対味噌汁に入れないアレやコレ。乳製品も味噌と相性がいいんです。すぐにでも試せる味噌汁の隠し味アイデアです。

一流料亭も使っていた?味噌汁にバターという隠し味!

高級料亭の高級味噌汁飲んでみたいですよね~。でもこの味噌汁は、ある物を入れると普通の家庭の味噌汁もこの味に変身できるんだとか。

この隠し味がバター。え~、和風に洋風を混ぜちゃうの!?と味を疑いたくなってしまいますが、このお味噌汁を家庭で試したところ、料亭の味噌汁を飲んだ事がある人に飲んでもらったら、約半分の方が間違えちゃったんですって。

これはぜひやってみなくてはいけませんよね。

しかも方法はとっても簡単!だしを取ったものに味噌をといてバターを入れるだけ。

これでおしまいです。バターは無塩バターを使ってください。

気になる量はというと味噌汁1リットルにバターが5グラムです。これだけでいつもの味噌汁が変身。

コクがあってなおかつ、まろやかな料亭の味になっちゃうんです。乳製品という所がポイントのようですよ。

面倒な事は一つもなし!簡単に美味しいお味噌汁が飲めるのでぜひ試してみて下さいね。

味噌汁の隠し味。バター以外の乳製品もアリ!

味の深みの主は乳製品に!では他の乳製品でもお味噌汁が美味しくなっちゃうのでしょうか。

実は○。ヨーグルトや牛乳、生クリームを入れても美味しくなりますよ。

その乳製品によって味に変化があるので、いつもと違った味噌汁を楽しむことができます。

では、1つ1つご紹介していきますね。

一番意外な感じがするヨーグルトから!酸味があるヨーグルトですが味噌汁に入れるとやはりコクが出て美味しくなります。

分量はみその量の3分の1程度入れるのがオススメです。混ぜる時には分離をしてしまいますので、最初から味噌に混ぜておくと良いでしょう。プレーンヨーグルトを使ってくださいね。

次に牛乳、牛乳は味噌のシチューといった表現がしっくりときます。なので具材もそれを意識して選んでみて下さい。野菜たっぷりの味噌汁で栄養も抜群です。量はお好みで調整してください!

最後に生クリーム、こちらも濃厚なコクがあって味噌汁よりもシチューに近い感じに仕上がります。少量でも味が変化しますが、少し多めに入れて生クリームのコクを味わう食べ方もオススメです。

こんなものまで?味噌汁の隠し味、バターにごま油に豆板醤…?

牛乳やバターなどの乳製品を味噌汁に入れるとコクが増すとお話ししましが、その他にも味噌汁と絶妙にマッチするものがあるんです。

意外な所でいうとナンプラー、最近耳にするタイ料理に欠かせない調味料で魚醤の一種なんですが、これも味噌汁の風味を増してくれます。お家にある方はぜひ試してみて下さい。

またお家にある料理酒を味噌に混ぜても美味しくなります。これなら抵抗がなく手軽に出来る方も多いのでは!?

お家にある調味料でいうと、他にも山椒やゴマ油などもアクセントになります。

何となく味の想像がつきますし美味しそうですよね~。

その他にも辛みをつけたいのなら豆板醬もいいですよ!私はラー油を味噌汁によそったお椀に数滴たらして飲む時もあります。

こう考えるとなんにでも合う万能なお味噌汁、毎日飲むものですから、いろいろな物を入れて自分オリジナルのお味噌汁を作ってみるのもいいのではないでしょうか。

味噌汁にベーコンやコンソメなど洋風の隠し味をプラスする

以外にもいろいろな物と相性の良いお味噌汁!乳製品との相性にもビックリしましたが洋風のスープの代表、コンソメとも相性がいいんですよ。

味噌汁にコンソメを是非、試してみて下さい。コンソメは顆粒の物を使うと溶けやすいので使い勝手がいいです。

また塩分がありますので、お味噌の量を加減してください。

味噌とコンソメで野菜いっぱいの具と沢山のお味噌汁を作れば栄養満点、十分にお腹に溜まる一品になる事間違いなしです。

コンソメを使うことで洋風な具材もしっくりとマッチします。普段はお味噌汁に入れないようなベーコンを入れても美味しいですよ。

私のオススメはベーコンにえのき、卵やジャガイモ、キャベツ、ニンジン、など、野菜はどんな食材にも合います。

ポイントはベーコン、ベーコンから出る旨味がお味噌汁に混ざり、いつもと違うおいしさを味わえます。

味噌汁に油分を加えるといつもと違ったコクが出る

油分が入ると味噌汁が美味しくなる!この油分、えっ!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、油揚げが身近な具材です。

洋風で言えばコクと旨味が出るバターもそうですよね。

お味噌汁にこの油分が加わるだけで、グンと味の幅が広がっていきます。

またお魚を入れたお味噌汁が美味しいのもお魚の味自体に限らず、魚から出てくる油がおいしさのポイントとなっているのではないでしょうか。

そこで我が家のお味噌汁の油分たちをご紹介します。

油揚げがなくても、天かすがあれば飲む直前にお椀に少し入れて油分をプラス!天かすが美味しいのですから天ぷらもばっちりですよ。

見た目的にどう・・・。と思ってしまいますが、一度食べたら病みつきです。油分に具材も入っているのですから美味しくないわけがありません。

もちろんお魚やお肉を入れる時もありますよ。その他にはさつま揚げ系も行けます!

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 料理や家事に役立つ知恵