知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

世界で有名な美術館は?世界三大美術館と魅力的な美術館をご紹介

2018.3.1

世界にはたくさんの有名な美術館がありますが、中でも世界三大美術館と呼ばれている「メトロポリタン美術館・ルーブル美術館・エルミタージュ美術館」はとても人気が高い美術館です。

これらの美術館は一体どんな場所なのでしょうか。魅力や歴史は?

そこで今回は、世界三大美術館と人気が高い二つの美術館の情報についてお伝えします!

世界三大美術館・メトロポリタン美術館

世界三大美術館の一つであるメトロポリタン美術館は、1866年7月4日、パリに住んでいるアメリカの独立記念日を祝う為に集まった人たちの会合の中で提案されました。

この会合に出席していた出席者の一人が、アメリカに国際的な規模の大きな美術館がないことを定義し、メトロポリタン美術館を作ることを提案しました。

ですがこの時はまだ美術館の建物もなく、1点の美術品も所有していなかったそうです。

メトロポリタン美術館はこの6年後である1872年に開館し、そののちに基金で美術品を購入したり、色々なコレクターの人たちからの寄贈によって収蔵品を集め、現在では関係者の努力によって絵画・彫刻・写真・工芸品などの様々な美術品を300万点以上所蔵しています。

メトロポリタン美術館を1日で回るのは大変なほど大規模な美術館になりました。

世界三大美術館・ルーブル美術館

フランスのパリにある国立美術館がルーブル美術館です。

世界三大美術館の一つで、フランス王室のコレクションを中心に収蔵しています。

フランス・ルネサンスの父と呼ばれたフランソア1世の時代に基礎が出来、ルイ13世やルイ14世などの手によって収集活動が行われてきました。

収集された美術品の中には、イングランド王であるチャールズ1世のコレクションや、イタリアの美術界最高の収集品と言われたマントバ公のコレクションも含まれています。

フランス革命が終ったあと、すべてのコレクションが没収されてルーブル宮殿に移されました。
そして1793年に国立美術館として一般に公開されるようになったのです。

かの有名なナポレオン1世も多くの名品や戦利品を集めてきたため、一時期は「ナポレオン美術館」と呼ばれていたこともあります。

ルーブル美術館は世界の名だたる美術館を肩を並べる質量と、世界最大級のコレクションを誇っている美術館です。

世界三大美術館・エルミタージュ美術館

世界三大美術館の一つであるエルミタージュ美術館は、ロシアのロマノフ王朝の女帝であるエカテリーナ二世が隠れ家として展示室を建設したことが起源になっている美術館で、1775年に建設されました。

そののちに、歴代のロシアの皇帝が美術品を集め、ロシア革命の後は貴族や商人から没収されたコレクションも加わって、冬の宮殿全体の建物を含めて統合が行われました。

そしてとても大きなミュージアムが出来上がったのです。

全ての収蔵品は300万点とされていて、すべてを見て回るのは困難だとされています。

この美術館に訪れる際は、余裕を持った日程を組んで見学しましょう。

出来れば丸1日、この美術館にこもって、美しいアートの世界に浸ることをおすすめします!

世界にはほかにもこんな美術館が!「プラド美術館」

世界三大美術館以外にも、世界には色々な美術館があります。

その中でもオススメの美術館が「プラド美術館」で、歴代のスペイン王国のコレクションを展示している有名な美術館になります。

この美術館のメインとなる建物は「ビリャヌエバ館」といい、1785年にカルロス3世が作らせた美術館になります。自然科学に関する博物館を建設するのが目的でした。

しかし、実際は博物館として使用されることは無く、カルロス3世の孫であるフェルナンド7世が妻の進言を受けて美術館としました。

この美術館の内部にはスペインの宮廷画家の作品を中心に展示されています。

とても素晴らしい作品がたくさん展示されていますので、訪れた際のに素晴らしい作品の数々に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

かつての宮廷画家達の傑作を通して当時の様子を知ることができる、とても貴重な美術館です。

「大英博物館」も世界的に有名な美術館です

世界で最も有名なミュージアムといっても過言ではないのが「大英博物館」です。

ロンドンに足を運んだ際には、ぜひとも行っても行ってもらいたい場所の一つになります。

収蔵品の数はなんと800万点!

考古学的にも貴重な出土品や美術品など、様々なものが展示されています。

大英博物館の入場料は無料ですが、維持や管理のために寄付をすることが推進されています。

お金に余裕がある方は、いくらかのお金を寄付するようにしましょう。

寄付箱に入れればOKです。

また、館内にあるカフェやショップを利用することでも、美術館に貢献することが出来ますよ!

入館する時は、セキュリティの為にバッグの中身を見せる必要がありますが、安全のためにも快く協力しましょう。

40x40x50cmまでのサイズのバッグでしたら持込は可能ですが、それ以上のものは預かってもらうことも出来ませんので注意してください。

世界にはたくさんの素晴らしい美術館があります。
海外に行くときは、美術館の情報をチェックしてから行くのもおすすめです!

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 知識や雑学