知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

小学校の先生の免許を最短で取得するのは何年?教員免許について

2018.2.27

小学校の先生になりたいという夢を抱いている人もいますよね。教員免許を取得するには最短何年が必要なのでしょうか。

どうやったら教員免許を取得できるの?免許を取るときの方法は?高卒や通信の学校でも教員免許を取得することが出来るの?

将来小学校の先生になりたい人の為に、最短で免許を取得できる年数や方法についてまとめました。

小学校の教員免許は最短何年で取得できるの?高卒の場合は?

高校しか卒業していないけど小学校の教員免許を取得したい、教職課程を取っていないけど教員免許が欲しいという人もいますよね。

「小学校教員資格認定試験」という試験があることはご存知でしょうか。

この試験は、高校を卒業している20歳以上の人が受験することが出来るもので、1次試験、2次試験、指導の実践に関する事項に係る試験野3つに合格することが出来れば、小学校の2種教員免許の取得をすることが出来るというものです。

この免許は短大で教職課程を履修したときに取得できる免許状で、この試験に合格することで教員の資格を得ることが出来る為にとっても難易度の高い試験になります。

高卒で20歳以上の人が受験することが出来るということで、誰でも気軽に受験することが出来るのではないかと思うかもしれませんが、日本全国でも6か所の大学でしか行われていない試験で、気軽に受験することが出来るというものではないようです。

他にも、教職課程のある大学に編入して、必要な単位を取得して教員免許を取るという方法がありますが、短大が修了した後の3年次としていることが多いので、編集して2年間通学してから教員免許を取得するようになります。

社会人でも大丈夫?小学校の教員免許免許を最短で取るには

社会人の人が教員免許を取得したいというのであれば、通信制の大学で勉強しながら教員免許の取得を目指すという方法があります。

他にも、一般的な大学に入学して教員免許の取得を目指すこともできますよ!

 

教員免許を取得するために一般的な大学を受験する場合

学士課程を取得していない人

学士課程を取得していない人は、大学に入学しなくてはなりません。
大学の教育学部に入学をして教職課程を修了する子tで教員免許を取得することが出来ます。
また、別の大学から教育学部に編入することも可能になります。

学士課程を終了している人

学士課程を修了している人枝れば、教育学部に編入して教育課程を修了させるようになります。
それ以外の単位の取得は免除されますので、必要な単位を取得するようになります。

教員免許を取得するために通信性の大学に入学・編入する

社会人だと仕事をしながら大学に通うのが大変ですよね。

そんな時は通信制の大学で勉強をすると良いでしょう。
学士課程を持っていない人は1年次入学になり、学士課程がある人は編入して教育課程が修了できるように勉強をします。

通信の大学でも普通の大学と同じように教員免許が取得できます。

通信教育で小学校の免許を取得!最短で何年?

通信教育を利用して教員免許を取得する場合は、必要な単位を補っていくようになります。

例えば、4年生の大学を卒業している人だと、大学でたくさんの単位を取得していますので、教員になるために必要な単位だけを取得していくというような形になります。

最終学歴が高校卒業の場合は、大学を卒業するための単位と教員免許を取得するのに必要な単位を取得する必要があります。

このため、その人によって勉強する教科も違いますし、取得しなければならない単位の数も違ってくるのです。

こういったことからも分かるように、人によっては最短で1年あれば教員免許を取得することが出来ますし、色々な単位の取得が必要な人は教員免許を取得するまでに2年~3年程度かかってしまうこともあります。

教員免許を取得するには採用試験合格が必要!

小学校の教員免許の取得をしたいという人は、公立の採用試験に合格することが最終的なゴールになります。

教員免許を取得することが出来たからといって、最終的にゴールできたとは言えないのです。

教員免許を持っている人って、実は意外とたくさんいます。

芸能人の方の中にも教員免許を持っている人もいますよね。

教員免許の取得自体はそれほどハードルが高いことではないのですが、教員免許があるから仕事が出来るというように思わない方が良いですね。

教員免許を持っていても、先生にならない限りは役に立つつことは無いですし、大学に通って勉強していたことも無駄になってしまいます。

ですから、大学を卒業した時に一緒に教員免許を取ることができるという理解の仕方が一番正しいということになります。

小学校の先生はどんな仕事をするの?

小学校の先生は、実際にどんな仕事をしているのでしょうか。

小学校の先生は、満6歳~12歳の子供に対して、学習の指導や生活の指導を行うようになります。

国語や算数といった勉強を教えて、子供たちの知的能力が向上するように、ホームルームや学校での行事を通じて子供たちそれぞれの個性を伸ばしていくようになります。

子供の目背に立って色々なことを考える必要がありますし、個性や人間性を育てていくこともとっても大切な仕事になります。

地域や親との連携も必要ですし、たくさんの仕事がある為に体力や精神力が必要な仕事になります。

小学校で過ごす時間は、子供の人間性を作るのにとっても大切な時期になります。

学校でのいじめや不登校の問題など、様々な問題の解決をしなくてはならない為に、小学校の先生の仕事はとてもハードで大変な仕事になります。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 学校や勉強の知恵