知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

ハムスターにかじり木は必要?代用に割り箸は注意が必要

2018.2.9

ハムスターの歯はうさぎと一緒で一生伸び続けるものなんです。ですから長さを保ったりお手入れのためにいろんなものを噛みます。

ペットで飼育する場合は、ケージなどをボロボロにされないために「かじり木」を与える事が多いと思います。ですが中にはかじり木が気に入らないのか、かじってくれない子も・・・。

そこでかじり木の代用になるものについて調べてみました。

ハムスターのかじり木の代用に割り箸やかまぼこ板はどう?

結論からいいますと、ハムスターのかじり木として、割りばしでも代用は出来ます。

ですが注意する点がいくつかあります。
割りばしの中には、防腐剤や薬品類が使用されている場合があります。
ですので、中毒症状を起こして危険な場合が予想されることもあります。
また木ですので、トゲがある場合があります。
このケースは絶対に起こる!とは言いませんが割りばしを使う場合は注意した方がいいかもしれませんね。

我が家の場合は、一時使っていた時期もありましたが、特に問題はなく過ごしていますたよ。
使うのが心配な方にはおすすめはしません。

ほかに、かまぼこ板を使う人もいるそうですよ。
かまぼこ板も代用は出来ます。これで爪ととぐハムスターもいるそうです。
かじり木として使う場合は、きちんと洗って完全に乾燥させてから使ってくださいね。

ハムスターにかじり木は必要?代用品はいる?

かじり木はどんな木なのでしょうか?
ペットショップなどに行くと、さまざまな種類のかじり木が売っています。
国産のものがいいでしょう。
さくらんぼの木・りんごの木・梨の木・パパイヤの木などがあります。

そもそもハムスターに「かじり木」はいるのでしょうか?
特別に必要性を感じていないのであれば、なくてもいいでしょう。

巣箱やケージ、えさ箱などかじっているようなら「かじり木」があったほうがいいでしょう。

見てわかるように、ハムスターの前歯はとがっていますね。地面を掘ったり、固い木の実を食べるためにこれは一生のび続けるそうです。

ですがペットの場合は、固い地面を掘ったりはしませんね。
ハムスターが噛みたいと思う場合は、「かじり木」を与えるとかじることがあります。

ハムスターがかじり木に興味がないなら、おもちゃで代用してみる?

ハムスターがかじり木に興味なさそうな時は、おもちゃを入れてみてはいかがでしょうか。
おもちゃといっても、家にあるもので十分です。

例えば、トイレットペーパーの芯です。

どこの家庭にも必ずと言っていいほどありますよね!
トイレットペーパーを使った後は、ただのゴミになってしまいますが、ハムスターにとってはおもちゃになりますよ。

芯をかじったり、隠れたり、芯の中を通ったりして遊びます。

トイレットペーパーの芯は汚れるとすぐにわかりますし、替えが出来たら簡単に取り換えることができますね。
衛生的にもいいと思います。

捨てるのはもったいない!結構遊べますよ。

ハムスターのかじり木は何のために必要?

ハムスターは前歯がちょこんと出ていてかわいいですね。この前歯は一生伸び続けますので伸びすぎないように削る必要があります。

伸びすぎた前歯はかじる作業に支障が出ます。
噛むことが上手にできない場合、食事をうまくとることができません。
食べることが出来ずに痩せていくこともあります。

ですので、歯を削ることを目的としてかじり木が考えられました。
またケージやエサ入れなどをかじってしまうのを防止するために、かじり木を使うという人もいますね。

ケージをよく噛むのは、歯が伸びていることもありますが、エサが欲しい時にかじってアピールすることもあります。

ケージの外から何かの匂いがするときも野生の本能から、そちらへ行こうとしてかじる場合もあります。
ハムスターの歯が伸びていることの他に、エサが欲しいなどの行動をとることがありますので、注意してハムスターの様子をみていたいものです。

ハムスターの飼育に必要ないと感じた品を紹介

ハムスターを飼っていてこれはいらないな・・・と感じたものがあります。ちょっと挙げてみます。

散歩用のリード

ペットを飼っている人なら欲しくなってしまいませんか?
ペットをリードでつないで散歩をする姿を夢みて買ってしまって、やっぱり必要ないことを実感するのです。

ハムスターの飼育初心者なら必ず買ってしまうのではないでしょうか。

パイプが付け足せるケージ

ハムスターの飼い主の気持をくすぐるパイプ製品だと思います。
ケージの本体の部分は案外もろくて扱い方がザツだとすぐに割れてしまいます。

パイプはどんどん繋げることが出来るので、飼い主の方が自己満足に陥る可能性があります。

立派なケージに仕上がったところでハムスターが歳だった・・・移動するのが大変そう・・・ということに気が付くのです。

保冷材がついた小屋

保冷材があると安心!と思ったら数時間で普通の温度に戻っていました。2時間ももったかな?何個もストックが必要ですね。
しかも結露するのでいかがなものかと・・・。

以上個人的な意見ですが、みなさんはどう感じますか?
やはりかわいいハムスターには、色々買ってあげたくなりますし、ペットコーナーへ行くと色んな商品が並んでいてワクワクしますね。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 動物やペットの知恵