知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

ハムスターのおやつの時間や頻度、食べてはいけないものを紹介

2018.2.9

ハムスターはかわいい上に飼いやすく、ペットとして人気がありますね。
ハムスター雑食性ですが、ハムスターに与えてはいけない餌は意外に多いって知っていますか?

人間用のお菓子には、危険がいっぱいなんです。

ハムスターに与えてはいけないものや、おやつの頻度や時間について紹介します。

ハムスターのおやつは時間よりも頻度や量が大事

ハムスターにおやつをあげる時に注意したい、おやつの頻度はどのくらいがいいのでしょう?
ハムスターを飼っているならおやつもあげたいと思いますよね。喜んで食べてくれると嬉しいですよね。

ですがかわいいからと言って、おやつをあげ過ぎるのは行けませんね。
人間と一緒で、食べ過ぎると肥満になってしまいます。

おやつをあげる頻度は基本的に、「1日に1回」でいいでしょう。
ひまわりの種なら5・6粒程度。市販されているおやつなら1粒程度が目安です。
少ない・・・と思ってしまいますか?ですがこのくらいでいいのです。
基本はなくても大丈夫なんです。肥満になるほうが心配ですね。
肥満から病気になってしまわないように、気を付けてあげましょう。

ハムスターといえば、ひまわりの種を想像しますよね。
ひまわりの種はハムスターのとってはおやつでした。

ハムスターのおやつの時間にあげたいもの

クッキーを食べていたら、ハムスターと目があった・・・分けてあげたいけれど大丈夫?クッキーやお菓子には砂糖が沢山入っています。それをハムスターにあげるのはオススメしません。
売っているお菓子には、砂糖の他に添加物や保存料が入っています。人間でも食べ過ぎると体に良くないので、体が小さいハムスターにとっては負担がかかり過ぎてしまいます。小さな心臓や内臓に負担がかかって病気になってしまうケースもあるそうです。

食べている姿がかわいいからといって、たくさんあげてしまうと肥満や虫歯や現代病になることだってあります。

人間が食べるお菓子をハムスターにあげ続けることで、病気になってしまっては可哀そうですね。
ハムスター専用のクッキーがあるんですよ。
ペットショップなどに行くと売っています。
ハムスター専用のクッキーは、砂糖や添加物が少ないのが特徴です。
安心してあげられそうですが、やはりあげ過ぎには注意してくださいね。

ハムスターのおやつの時間も大事ですが主食の交換も大事

ハムスターのエサ入れは大事な食事の場所です。

ハムスターは、口の中のほお袋に食べ物を詰め込んでいますよね。その姿は愛らしいものですが、詰め込む理由は食べ物の少ないところに住んでいたからなのです。
エサを蓄えておく為の行為でした。
なのでエサが少ないと、必要以上にエサをため込んでしまします。

自然の世界では、必要以上に溜めたエサはほかの生き物が食べたり自然に帰ったりしますが、ペットの場合はちがいますね。

ケージのなかでエサをため込んでも、そのうち腐ってしまうだけです。見えないところに隠されると掃除も出来ないですね。
また自分の巣に隠してあるエサを飼い主が取り上げると、ハムスターは餌を捕られた思うこともあります。

ハムスターの餌は、数日間は減った分だけを足して、常に餌が入っている状態にしておきましょう。
減った量が、ハムスターが実際に食べた量だということがわかります。

ハムスターに与えてはいけないものを紹介します

糖分や油分の多いものは控えましょう。
特に私たちが食べている、お菓子類はあげないようにしてください。

また大人のハムスターの場合は牛乳も控えましょう。
大人のハムスターは、乳糖を分解することが出来なくなります。その結果として下痢をおこしてしまうことがあります。
あげたい時は、ペット用のミルクをあげるといいでしょう。

野菜や果物のなかにも、あげてはいけないものがあるんですよ。
ねぎ類やじゃがいもの芽はあげないでくださいね。
じゃがいもの芽には、「ソラニン」とよばれる有害物質が含まれています。
ほかには、トマト、どんぐり、りんごの種子があります。
植物では、スイセン、ホオズキ、シクラメン、アサガオなどがあります。

ハムスターは空腹になると危険なこともあります。

ハムスターといえば、ひまわりの種。ひまわりの種は大好きですのであげると、ほお袋をいっぱいにすることがありますね。

餌は毎日キチンとあげていますか?ハムスターは、あればあるだけ食べてしまいます。
こんな悲惨な事件がありました・・・という体験談を紹介します。
我が家では3匹のハムスターを飼っていました。
数日間家を空ける用事があったので、水はタンクに満タンにしてエサも数日分のエサをたくさんいれて出かけました。
数日後家に戻るとハムスターの姿は1匹しか見当たりません。
まさかの出来事なのですが、一番大きいハムスターが空腹のために、他の2匹を・・・
ハムスターは1匹で飼うと知っていましたが、ケンカもしなかったので3匹を一緒にしてしまったことに深く反省しました。
ハムスターを飼うという知識が浅かったことが招いた悲劇でした。ハムスターを飼う時は、みなさんも気をつけてくださいね。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 動物やペットの知恵