知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

お弁当を手作りすると費用は本当に節約できる?その事実を検証

2018.1.28

毎日、手作りのお弁当を作ると費用も節約できるのは本当なのでしょうか?
コンビニでお弁当を買うのと、どっちが節約できているのでしょう?

ここでは、買った場合と作った場合にどちらが節約になっているのかについて調べてみました。栄養面も考えたらやはり手作り弁当のほうがいい?

もし毎日のお弁当作りで悩んでいる方は、是非参考にされてみてはいかがでしょうか♪

手作りお弁当を作って費用を節約!どのくらい節約になる?

月曜日から金曜日まで、お弁当を持って行くと月にいくらぐらい節約になるのでしょうか?

東京都心のオフィス街で働いている場合、お昼を外食にした場合相場はだいたい700円前後となります。もし、ペットボトルのお茶やコーヒーを買ったら700円プラス150円として一か月20日間勤務したら850円×20日=1万7,000円となります。

1000円のランチであれば、2万円です。お昼代だけでこの金額はかなり大きいのではないでしょうか?

もちろん、他のことは我慢してもお昼だけは外食したい!お金がかかってもいいという人は好きなものを食べたらいいと思います。

しかし、どうにかお昼ご飯代を節約したい・・という人はお弁当がおすすめです。

お弁当の材料費は、だいたい150円~300円くらいではないでしょうか。お弁当に入れるおかずやお米などはその家庭によって変わるかと思います。

おかずを全部、冷凍食品にしたとしても300円くらいのようです。お茶を買ったとしても450円。一か月にしたら9000円になるのでかなりの節約と言えるのではないでしょうか。

コンビニ弁当を買うより手作りのお弁当だと費用は節約できる!

飲み物は、お昼の金額に入れないとして毎日コンビニのお弁当500円を買った場合と約300円のお弁当を持っていった場合では、一か月にしてどのくらいの差になるのでしょうか?

コンビニのお弁当(500円)× 20日間 =1万円

手作りお弁当(300円) × 20日間 =6千円

とかなり金額に差がでてきますね。この金額は一年にすると4万8千円・・それを5年、10年続けたら?

というように長い目でみると手作りお弁当は、とてもお財布に体に優しいと言えるのではないでしょうか?自分で作っている人はぜひ、ご自身を褒めてあげてください。作ってくれる相手がいるならとことん感謝しましょう。

お弁当は節約にはなりますが、そのぶん手間暇がかかっています。それを忘れてはいけません。

コンビニのお弁当は、食べたら捨てて終わりですが手作りのお弁当はそうではないですよね。作ってもらっている人々は感謝の気持ちを行動であらわしましょう!たまには自分でお弁当箱を洗いましょう。

手作りのお弁当で費用を節約するにはこんな方法がオススメ!

お弁当は作るのが大変、わざわざお弁当のために朝からおかずを作る時間がない・・・という人は多いのではないでしょうか?

そんな人は、ぜひ前日のおかずの残りをお弁当に活用しましょう。朝に手間がかからないですし何にするか考える必要もありません。

また、おすすめなのが割引お惣菜を活用することです。なるべく時間がたっても悪くならないようなものにしてください。

冬は、お湯を使えるのであれば粉のスープなどを持参するのもいいでしょう。パンを買ってスープを飲むのもいいですね。

朝はどうしても、することがたくさんあってお弁当を作る時間がないのであれば前の日にできることはしておくといいでしょう。

夜寝る前にお弁当箱にあらかじめ、おかずやご飯をつめて冷蔵庫で保管しておくのもおすすめです。持って行くのも忘れないように気をつけましょう。

お弁当を作りたくないときには無理する必要はありません。できることから始めたらいいのです。

コンビニおにぎりと手作りおにぎりはどっちが節約されてる?

サラリーマンの昼食代は1ヶ月約1万2千円だそうです。だいたい一回の食事代は600円となります。

もし、コンビニのお弁当ではなくおにぎりをよく買うのであれば、そのおにぎりを手作りしてみてはどうでしょう?

コンビニのおにぎりは一個120円~200円ほどになります。このおにぎり代を手作りした場合は、一個おにぎりをつくるのに約30円のコストがかかるそうです。

おにぎり一個であれば、そこまで大きな金額に思いませんがそれが一か月、一年となるとかなりの金額になりますね。

お弁当を全部手作りしたほうが、結果節約にはなるかもしれませんが続けていくことが難しいのであれば、ほどほどに取り入れるといいでしょう。

炊いたご飯を持っていき、おかずはコンビニやお弁当屋さんで買うのも良いでしょう。

お弁当の日、外食をする日、コンビニで買う日などを取り入れるのもいいですね。我慢をして、お菓子や飲み物を買っていては節約になりません。自分のなかでほどよいペースをまずはつかむことが大切です。

お弁当作りは正直毎日大変!簡単に続けていくためのコツとは?

毎日のお弁当を作るのに大切なのは、ハードルを上げないことです。毎日違うおかず、栄養面を考える!などたくさんのことを決めてしまうのは大変です。

なぜ、お弁当にするのか?を考えてみましょう。節約のためなのか、健康を考えてのことなのか、人によってお弁当にする理由はさまざまだと思います。

このお弁当を作るということは、実は簡単なことですが毎日ともなると大変なことに変わってしまいます。このお弁当を作るのが苦ではない、いや苦であっても続けている人がいます。それがお母さんです。夫のため、子どものため、誰かの為だと思うと続けられるのです。

ですから、お弁当を作るときは自分のため、自分を大切にしようという気持ちを込めて作るといいかもしれませんね。

冷凍食品は、どんどん進化しています。毎日使えるように数も5個や6個入りのものが多いです。値段も手頃で使いやすいので1品、2品使うのもおすすめです。

自然解凍できるものも多くあるので、お弁当の保冷にも役立ちますね。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 料理や家事に役立つ知恵