知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

女性が3回目のデートを断るその心理と理由について

2018.6.26

好きな相手からデートを断られると、ショックが大きいですよね。
1回目2回目のデートは順調に終わったのに、3回目のデートを断られたことのある男性は多いのではありませんか?

女性が3回目のデートの誘いを断る心理は、どのようなことがあるのでしょうか?
3回目のデートに誘って断られるのは「脈なし」の可能性が高いでしょう。

デートを断る心理について、調べてまとめてみました。

3回目のデートの誘いを断る女性の心理とは?

3回目のデートで勝負を!!
そんなふうに意気込んでいたのに、次につながらなかったという経験ありませんか?

女性がデートを断る理由、いくつかありますが一番の理由として考えられるのは『これ以上関わっても得がない』と判断されたのでしょう。

女性は、パートナーを探している時に「やさしい人」や「おもしろい人」などと言いますが、本当のところは『経済面』を第一に見ているのです。

1回目や2回目のデートの時に、支払いを割り勘にしませんでしたか?

お互いに緊張して、手探りの状態で一緒に居る時に、支払いのことでモヤっとすると、男性に対して良い印象を持てないままデートが終わります。
もちろん、楽しい部分もあったし、もう少し相手を知りたいと思うから、2回目のデートもするけど、やっぱり支払いは割り勘だし、これと言って決定打はないなと判断したなら3度めのデートは『ナシ』と判断されてしまいます。

男性は、2回目のデートの誘いがOKだと、8割成功!なんて受け取ってしまいますが、女性は違います。

3回目のデートを断るその心理とは?

  • 恋愛感情が生まれなかった
  • 3回目のデートに進展させることができなかった。

そんな時は、あなたに対して『恋愛感情を抱くことはできないな』と判断されてしまったのでしょう。

3回目のデートにOKを出してしまうと、真剣交際へのスタートラインに立つという、暗黙の了解が生まれてしまうかも知れません。

何度かデートを重ねてから、告白してお断りすることはやはり気が思いですよね?
1度目のデートで8割答えは決まっています。
ですが、断る決定打も、惹かれる決定打もない場合は2回目のデートで最終判断をします。
ですが、男性は、一度目のデートを終えて2回目のデートができると、女性は自分に対して好意を持ってくれたと安心してしまいがちです。

この違いをしっかりと認識して、女性が2回目のデートをOKしてくれたからと言って、安心してはいけません。
この、2回目のデートが勝負の分かれ目なのです。

3回目のデートの約束が決まらない時って?断る時の女性の心理とは

3回目のデートに誘っても、はっきり断られないけど、約束までこぎつけない。
そんな経験ありませんか?

それはもう、3回目のデートは『ありません』というサインです。

男性は2回目のデートを承諾してもらったら、お付き合いできる!と勘違いしてしまいますが、女性は違います。

2回目のデートで、男性に対して最終判断を下します。
3回目のデートをしてしまうと、相手の男性に対して気を持たせてしまうので、デートは受け入れません。
ですが『2回デートしたけど、あなたのことは好きになれませんでした』なんてはっきりと断ることもしません。

ですから『忙しいから予定が…』などと言ってごまかすのです。
男性は断られていると気が付かないまま、何回か誘ってしまいがちです。

3回目のデートが決まらない時は『お断りされているんだな』と認識しましょう。

デートを断わられた・・・。この理由なら脈はない?

『是非、機会があれば』
『いつかみんなで』
『そのうち、都合が合えば』
『こちらから、連絡させていただきます』

このようなフレーズが女性の口から出たら、それは「次のデートはありません」という意思表示だと思っていただいで間違えありません。

男性は、言葉の裏を読むのが苦手です。
女性は、ストレートな言葉で、相手が聞きたくないことを言わないようにします。

男性は『機会があれば』と聞けば『次がある』と受け取ってしまいがちですが、女性としては『次はありません』という意思表示の意味合いを込めて言っているのです。

好意を寄せる相手とは、どんなに忙しくても頑張って時間を作ろとするもので、どんなことをしても、関わり合いを持とうと努力するものです。
誘われることを反故するような曖昧な表現で、約束事をしたりはしません。

3回目のデートに繋がらない・・・。大きな理由とは?

あなたは今、3回目のデートにこぎつけないのは何故?と悩んでいませんか?
それは、どうしてでしょう?何事にも原因があります。

その理由には、1回目のデートが主観的だったからと言うことがあります。
第一印象がまぁまぁ良ければ、デートしてもらうことはできます。
特にこれと言っていいところはなかったけど、悪くもなかったから2回目のデートの約束もできるでしょう。
でも、1回目のデートも、2回目のデートも特に、楽しくないんです。
一緒に居て楽しいと感じられないんです。

それは、どうしてかというと、女子を喜ばせるデートではなく、自分ができるデートをしているからではありませんか?

相手が喜ぶことを提供できなければ、相手はあなたを選んでくれません。

一緒にいるだけなら、意味がないのです。

1回目のデートでは見られなかったあなたの『良いところ』を見られるかもと期待して2回目のデートをしますが、残念ながら見られなかったのでしょう。

女性が男性に対してどのようなことを求めているのかを、見極めることができなければ、主観的なデートから抜け出すことはできません。
よって、その原因がわからないままでは、いつまでも3回目のデートにはこぎつけないのです。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 結婚や恋愛の知恵