知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

髪の毛は1ヶ月に何センチ伸びる?髪の毛を早く伸ばすためには

2018.6.23

髪の毛は1ヶ月に何センチ伸びるか知っていますか?平均では、髪は1ヶ月で約1cm伸びるそうなんです!

では、髪の毛を早く伸ばすためにはどうしたらいいのでしょうか?気をつけたいこととは?

また、髪の毛が1ヶ月で1センチ伸びない人に考えられる原因とはどんなことでしょうか?

そこで、髪の毛を短期間で早く伸ばすための方法などについてまとめてみました。

髪の毛って1ヶ月に何センチ伸びるの?睡眠は大切!

一般的に髪の毛は1ヶ月に1センチほど伸びると言われています。
一日に約0.3~0.4mm伸びるようです。

では平均以上にもっと伸ばすにはどうすればよいのでしょうか。

髪の毛の伸びる早さをすぐに早める事は出来ませんが、髪の毛が健康に育つためによいとされている事を心がける事で、髪の毛を綺麗に健康に伸ばす事は出来ます。

そのためには睡眠がかなり重要になってきます。

睡眠時間は6時間以上寝るようにしましょう。
22時~2時の間には成長ホルモンが活発化するのでこの時間は睡眠をとる方が望ましいでしょう。

そして、質の良い睡眠をとる事も重要です。
睡眠中は新陳代謝が進み、疲れた体全身に栄養を補給する時間となります。
そのため質の良い睡眠を適切な時間とる事で髪の毛にも栄養を与え健やかに伸ばす事ができるでしょう。

もちろん、人それぞれ遺伝や生活環境、年齢などで髪質や髪の伸びる長さは違いますので焦らず自分のペースで髪の毛を伸ばしてみてください。

髪の毛は1ヶ月で何センチ伸びる?髪の毛を早く伸ばすためには

ロングヘアーを目指すために、早く髪の毛を伸ばしたいという人は多くいることでしょう。

そのためには、髪のケア・頭皮のケアをしっかり行うことが重要になります。

まずは頭皮のケアを怠らずに行うようにしましょう。
髪の毛は頭皮の血行が良いと新陳代謝があがって伸びも良くなります。
血行をよくするためにも、シャンプーの際には頭皮マッサージやブラッシングを継続して行うことで血行もよくなり頭皮も柔らかくする事ができるのです。

頭皮ケアを行った後に、髪のケアを行いましょう。
髪の毛は長くなればなるほど枝毛などのトラブルが起きてくる事でしょう。
髪の毛が短くなるからと枝毛を切らないで放置しておくと、逆に髪の毛が裂けて短くなってしまう事もあります。

髪の毛には毛周期があり、伸びたりとまったりを繰り返しています。
その為髪の毛はそのうちばらばらな長さになりまとまりにくくなる事でしょう。

こまめにトリートメントをすることは髪の毛に栄養をあたえるだけでなく、まとまり感をだしてくれるので、同じ長さでも少し長く感じる事ができるかもしれません。

何センチ伸びる?髪の毛が1ヶ月で1センチ伸びないのはどうして?

髪の毛は1ヶ月に1㎝伸びるのが一般的とお伝えしましたが、ではそれよりも伸びが悪い場合はどういった原因があるのでしょうか。

髪の毛が健康的に伸びるには生活習慣が大きく関わってきます。
髪の毛を作るための栄養が少ないと、そうでない場合に比べて髪の毛の成長が遅くなり髪の毛も健康的に伸びてくれません。

では、髪の毛の伸びに関わる要因どういったものがあるのでしょうか。

  1. 性別
    男性よりも女性のほうが1ヶ月の間で髪の毛の伸びる長さが長いといわれています。
  2. 年齢
    年齢においても伸びる長さは影響し、年齢が上がっていくと髪の毛の新陳代謝が行われる期間が長くなります。
  3. 気候
    寒い気候よりも暖かい気候のほうが髪の毛は成長しやすく長くなります。
  4. 生活習慣
    睡眠や食生活など、生活習慣が与える影響は大きい事でしょう。

無理なダイエットはNG!髪の毛のカットは慎重にしましょう

ダイエットと髪の間にも深い関係性があります。

やせたいと思い無理な食事制限をすると、髪の毛の栄養も少なくなり髪の毛が健康的な状態を保てなくなりますので、髪の毛の伸びが悪くなったり傷みやすくなってしまいます。

髪のためにも健康的な食事と十分な睡眠をとるように心がけてください。

そしてカットは慎重に行いましょう。

髪の毛は1ヶ月に1㎝しか伸びませんから、カットしすぎないように事前に美容師さんにイメージを伝えるようにしてください。

短期間で髪を伸ばす方法はこんなにある!

髪の毛の伸びをよくするためには以下のような効果的な方法や、避けた方がよい点がありますので、ぜひ試してください。

  1. カラーやパーマを避けること
    カラーやパーマは髪の毛にダメージを与えてしまうので、なるべく控えた方が髪の毛が傷まずに伸ばす事ができます。
  2. ぬるま湯で髪の毛を洗うこと
    髪の毛を洗う際は、38度前後の温度が頭皮環境が悪化しないのでお勧めです。
  3. ぬれた髪をブラッシングしないこと
    ぬれた髪をブラッシングすると髪の毛のキューティクルがはがれてしまいますので気をつけましょう。
  4. ドライヤーは冷風も使うこと
    熱風でのドライヤーは髪の毛を傷ませてしまうので、冷風と上手く使い分けて乾かしましょう。
  5. 水を飲むこと
    水分補給することは健康や美容にも良いとされていますので、髪の毛にも効果的です。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 美と健康に役立つ知恵