知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

ヤンキー高校生の服装は昔とは違っている?特徴や定番とは

2018.5.29

昔のヤンキー高校生の服装といえば、短ランにボンタンを思い浮かべる人は多いかもしれません。

さすがに短ランボンタンは古い?

今のヤンキー高校生たちはどんな服装をしているのでしょう?

そこでここでは、ヤンキーの高校生の服装の特徴、今時のヤンキー高校生の服装についてまとめてみました。

気になるヤンキー事情をご紹介します。

ヤンキー高校生の服装の特徴とは?

昔からヤンキー高校生と言われる人の服装は、どういったものイメージのものが特徴的なのでしょうか。

ヤンキー高校生の服装の着こなしの特徴

  • ブレザーはボタンをあける。
  • ズボンは低めの位置ではく。
  • ズボンのサイズのウエストを大きめの物を選んではく。
  • Yシャツの裾を外に出す。
  • Yシャツの下からTシャツを出す。
  • ネクタイはゆるく結ぶ

ヤンキー高校生のアイテム

  • Yシャツの下は黒のタンクトップを着る。
  • シャツをあける場合はカラーTシャツを着る。
  • 下着はボクサーパンツをはく。
  • ネックレスやチェーンをつける。
  • マスクを着用。
  • 靴はブランド系のスニーカー

ヤンキー高校生の身だしなみの特徴

  • ロンゲヘアーやアシンメトリー髪型。
  • 髪色は茶色や金色などに染める。
  • 香水をつける。

以上のように、いろいろなこだわりがあるようです。

今時のヤンキー高校生の服装とは?

では、今時のヤンキー高校生の服装はどういったものがあるのでしょうか。

いまだに、オールバックで短ラン・長ラン・ドカン等を着ているヤンキーも入るようです。
地方によるかもしれませんが、いまだに昔のヤンキーの格好は廃れずに好まれている場合もあるようです。

腰パンで学ランを着ていたり、学ラン自体を着用しないヤンキーもいるようですね。
制服を着ない代わりにTシャツを着ていたりなど、着こなしに自分なりに工夫をしています。

そして服装以外にも、髪の毛に工夫している人が多いようですね。
制服だと同じような着こなしになりがちですが、髪の毛だと個性も出しやすいです。
髪色は印象がガラリと変わるので、金髪などに染める人も入るようです。
なかには、髪の毛を伸ばして、メッシュで色を入れているヤンキーもいます。
ワックスなどでセットしているようですね。

中にはピアスをあけているヤンキーも多いかもしれません。

昔のヤンキー風の服装がまた高校生に流行ってきている?

過去に一世を風靡した、いかにもヤンキーっぽいファッションが現在でもはやり始めています。

それは、ヤンキーが存在感をアピールしたい卒業シーズンに顕著に現れます。

よくメディアでも取り上げられているのが、沖縄や九州などの卒業式後に駅などで集結するヤンキー集団です。
卒業式を終えたヤンキーたちが個性的なド派手な刺繍入りの特攻服や、変形学ランを思い思いに着こなして大騒ぎしている様子は有名ですよね。

このように、卒業式のシーズンにあわせて、ハレの日に着る「卒業式用の学ラン」が流行しているようなのです。
短ランやボンタンの注文が増えたり、学ランの外側に座右の銘や詩などの刺繍を入れる注文が増えています。

かつてのヤンキーたちは学生服の刺繍は人からは見えない裏側に入れていたが、文面もその方法も現代風に大きく変遷しているようです。
自己主張するような詩から、今は友達や仲間にむけた感謝の詩を入れることが主流になっているそうです。

ヤンキーが好きな服装といえばジャージが定番?

昔からジャージはヤンキーに好まれて着用されていたようです。
今はよりおしゃれなジャージが多くなってきていますが、昔はどういったジャージが多かったのでしょうか。

そもそもジャージとは、ニットの編み方の一つであるジャージ編みという編み方で編まれた伸縮性のある布(ジャージ生地)の事を指し、またはそのジャージ生地を使った衣類の事を示します。
特にそれを代表するのがジャージ生地で作られたトレーニングウェアのことをさすようです。

昔流行していたジャージは、ボンタンジャージと言われるもので、足回りが太く、裾がきゅっと絞られたデザインのものです。
動きやすく、もともとは○○大学の部活動の人達が着ていたものが中高生に流行しだしたようです。

かつては白か黒が定番色で色も種類もありませんでした。
今では紫やピンクなどの様々な色も豊富になっているようです。

昔のヤンキーや若くしてママになった人の特徴とは

昔のヤンキーや若くしてママになった人の服装や行動には、どういった特徴があるのでしょうか。

昔のヤンキーと言えば学ランが定番で、長ランやボンタンなど動きやすい太いズボンをはいていました。
喧嘩をする時は、人数関係なく立ち向かうようなヤンキーも多く、仲間のためなら自分を犠牲にしてもかまわないというような熱い心を持っているヤンキーが多かったようです。
女性のヤンキーに関しては、ロングスカートのセーラー服が定番でした。
髪の毛は明るめの茶髪で化粧は濃く、真っ白な顔に細眉で真っ赤な口紅をつけるのが特徴的だったようです。

ではそんな女性ヤンキーはどういったママとなっていったのでしょう。
その特徴は髪の毛は明るめで、細眉の派手なママが多いようです。
女性ヤンキーだったので、肝が据わって度胸もあります。
昔ながらの一途で責任感が強い性格は、ズバズバと意見が言えて他のママから頼りにされている事も多いようです。
旦那さんや恋人もワイルドで強面な人が多いと耳にします。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 学校や勉強の知恵