知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

大学のマネージャーは大変?部活での役割とプラスになること

2018.5.7

大学に入って部活のマネージャーをするのは大変なのでしょうか?

では、大学の部活においてのマネージャーの役割とはなんでしょう?高校の部活との違いとは?

大学で部活のマネージャーをすることでプラスになることもありますし、もちろんマネージャーとしてやってはいけないこともあります。

そこで、大学で部活のマネージャーの役割などについてまとめてみました。

大学の部活のマネージャーの役割と高校との違い

大学の部活のマネージャーは、男子と女子によって違いがあります。

男子のマネージャーは部の根幹となり、仕事の内容は試合などで大学同士をつなぐ役割をしたり、外部と交渉をしたりします。これはとても大事な仕事です。
また合宿の手配などもします。

女子のマネージャーは、会計や広報などの仕事です。
分担された仕事を責任を持ってこなしていきます。
試合のチケットを販売したり、写真を撮ったりもしますよ。
合宿の時は、洗濯や食事の用意をします。
また、練習の前に飲み物の用意や、部屋の掃除します。

大学と高校のマネージャーの違いは、大学では色々は書類を書く仕事もあるのですが、高校ではあまりないでしょう。

大学で部活のマネージャーをするのは楽しい?なりたい部活とは

あなたはどんな部活のマネージャーになりたいですか?

アンケート調査をしたところ、1番人気だったのはサッカー部でした。
続いてバスケ部、野球部の順になりました。

マネージャーの仕事は、ただベンチに座っているだけではありません。
選手が飲む水などを準備したり、ケガをした時に氷を走って取りに行く、スコアをつけたり、顧問の雑用もこなします。

大変な仕事なので、好きでないと続かないかもしれませんね。

実際にサッカー部のマネージャーをしていた人は、試合を見るのが好きだったので楽しかったそうです。また、イケメンもたくさんいて友達にうらやましがられたとか。
部活のマネージャーをしていると、他校の人から話しかけられる事も多く、その頃が人生の絶頂期だったような気がしているとも言ってました。

マネージャーは、大変かもしれないけどやりがいがあって、特に男子の部活のマネージャーになると、モテることもあると言う話もきいたことがあります。

大学の部活のマネージャーって大変ですか?

実際に大学で部活のマネージャーをしていた人に聞いてみました。

  • マネージャーは大変です。強豪校なら、土日はいつも練習、そして遠征にも行くのでお金がかかります。雑用や、管理などもあり、忙しいです。
    それでも何年も続けている人は気力があるのでしょう。部活はサークルと違って結果を残さなければならないので、大変です。
  • 私は部活によって違いがあると思いますよ。体育会系でも、わりとラクな部活もあればそんな甘くない部活もあります。
    大変な部活のマネージャーになると、入ってもすぐにやめてしまう人もいます。
  • マネージャーは選手にとってとてもありがたい存在です。マネージャーの人数が少ない部活は、仕事が大変かもしれませんが、できない事はないでしょう。ただ、ある程度テキパキと仕事をこなせる人がいいと思いますよ。

マネージャーをやってプラスになること!やってはいけないこと!

マネージャーをやると、どんな事がプラスになるのでしょうか?

実際に私の娘もそうなのですが、バスケが大好きで選手として頑張ってきましたが、体がついていけなく、それでもバスケが好きなのでマネージャーとしてバスケに関わり、選手を応援するようになりました。
部員の体調の変化に気が付いて、ケガを防ぐように気をつけています。そして選手からもマネージャーをしてくれて助かっているとも言われています。いなくてはならない存在になれて喜んでいますよ。

また、マネージャーをすると、いつもはおとなしい性格でも大きな声をだしたりして、積極的な性格になった人もいるようです。これが、これからの社会生活にプラスになる事ですよね?内申書も献身的な精神を持っていると判断されるでしょう。

ここで、マネージャーとしてはやってはいけない事を紹介します。
それは、部活の目的である、選手の実力の向上と精神の鍛錬を妨げる事です。記録を他人に漏らす事、悪口を言う事はもちろんしてはいけません。
時間にルーズになるもの×。部員のスケジュールを把握している人が遅刻するのはいけません。

部員と一丸となって部活動に向かい、楽しくマネージャーの仕事をしてくださいね。

部活のマネージャーをやっていると就職に有利!?

部活をしていると、就職活動に有利になるのでしょうか?

体育会系の部活に入っていた人の話ですが、有利になるそうですよ。これはマネージャーも同様だそうです。

就職活動の時はとても不安ですよね?みんな初めての経験なのでそれは当たり前です。

では、どうして部活をしてると就職に有利になるのかを理解しておきましょう。

まずは、人事を担当する人がどこをチェックしているかを紹介します。

それは、入社したいと強く希望しているか、その理由をちゃんと説明できるか、入社してから活躍してくれそうな人なのか、諦めずに仕事に向き合ってくれる人かをチェックしています。

体育会系の部活に入っていると、特に精神力に関してはほとんど合格でしょう。
部活ではキツイ先輩との人間関係を作る事、そしてできなくてもできるように頑張る、努力しますよね。
これは部活をしてない人はほとんど経験しない事なのではないでしょうか?

このような事から、部活をしていると就職に有利と言われているとされてるのです。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - スポーツ・芸術を高める知恵