知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

車のキーが回らなくてエンジンがかからない!その原因とは!

2018.4.26

車のキーを持っているだけでエンジンの始動やドアの解錠などができるキーシステムがありますが、キーでエンジンをかけようとしてもかからない時がありませんか?

エンジンがかからない時はどんな原因があるのでしょうか?また、どのように対処したらいいのでしょうか?

バッテリーの寿命や、交換費用についてなどもまとめてみました。

車のキーを持っているだけでエンジンを始動!キーシステムについて!

車のキーと一言で言っても、今は何種類かのキーがあり持っているだけでもエンジンを始動できるものもあります。

自分が持っている車のキーはどのタイプの物ですか?

まずはメカニカルキーです。これはもともとあるキーのタイプです。鍵穴にキーを差し込んでドアの開け閉めをします。エンジンをかける時ももちろんキーを差し込んで回します。

次にワイヤレスキー。このタイプはキーについているボタンを押すとドアの開け閉めが出来ます。しかしエンジンをかける時はキーを差し込んで回します。こちらに次で紹介をするイモビライザーが付いているものもありますよ。

イモビライザーキーはキー自体にICチップが搭載、そのICチップで車両とキーのIDが一致するかどうかを確認する事が出来て、一致した場合のみエンジンをかける事が出来ます。このタイプのキーには電池が使用されていません。

最後にスマートキーですが、最近はこのタイプのキーが多くなってきましたよね。カバンや上着のポケットなどにキーを入れておくだけでも、ドアの鍵の開け閉めが可能でエンジンをかける事もできるタイプです。こちらには電池が使用されています。

車のキーが回らなくてエンジンがかけられない!原因と対処法について

フットブレーキを踏みながらキーを回していますか?基本的な事ですが焦っていると忘れてしまう事もありますよ。

次に確認をしたいのが、ギアがPの位置にあるかどうか?マニュアルならNでも可です。こちらの位置にギアが入っていないとエンジンはかかりません。もし違う位置にギアが入っているのならば、ブレーキを踏みながらPの位置に戻しましょう。

コチラも問題がない場合バッテリーの問題かもしれません。ライトが付きっぱなしになっていたり、何年もバッテリーを交換や充電をしていないなどという時はバッテリーに問題があるのかもしれません。そんな場合はバッテリーを充電する事で問題が解消されます。

バッテリーにも問題がない時はハンドルロックがかかっているのかもしれません。ハンドルロックはエンジンを止めた後にハンドルを動かすと、防犯上の為ハンドルが動かない状態になる事です。

この状態のままだとキーを回す事が出来ません。鍵を差し込んでロックがかかっている所までハンドルを回して、その状態のままでキーを回してみて下さい。

これでハンドルロックが解除されて、エンジンをかける事が出来ます。

車のエンジンがかからない…スマートキーの電池切れなどが原因です!

スマートキーを使用している場合は、電池が切れてしまうとエンジンをかける事が出来ません。

スマートキーの電池があるかどうかは、ドアの施錠が出来るかどうかで確認をする事が出来ます。

ドアが開くと車のウィンカーが光るので、家の中から確認をする場合などはそれを目安にしてみて下さい。

ドアの開け閉めが出来ないのであれば電池切れが考えられます。電池交換を行いましょう。

電池が入っているカバーを開くのはキーによっても多少の違いがあります。スマートキーについているエマージェンシーキーを外すと、電池のカバーを外すへこみが付いている場合があり、そこをマイナスドライバーなどでねじるとパカッとスマートキーが分解され、電池がお目見えします。

入っている電池を新しい電池に交換をして下さい。

どうしてもわからない時や、いつ電池が切れるのか不安な場合は車検の時などに一緒に電池も交換してもらうといいですよ。

バッテリーの寿命や、交換費用について

キーを回したときにキュルキュルと音が鳴ってエンジンがかからない時にはバッテリーが寿命を迎えているのかもしれません。

また普段はエンジンがかかっても寒いとかからなくなる場合も、性能の低下が考えられます。

一度はバッテリーを充電してエンジンがかかるようになっても、そのような事が頻繁に起こる場合はやはりバッテリーの交換時期がきていると言えるでしょう。

バッテリーはディーラーやガソリンスタンドなどで確認をしてもらう事が出来ます。

その際に交換を進められたら、すぐに交換をしてもらう事も可能です。

ここで気になるのは、その費用ですよね。工賃はそれほど高くありませんが車についているバッテリーの容量によって価格にも違いが出てきます。

一概には言えませんが1~5万円程度といったところでしょうか。

工賃を抑えてバッテリーの交換を安く収めたいという時にはホームセンターやカーショップなどでバッテリーを購入して自分で交換をするという手もありますが、安全性の面などを考えると多少金額が違ってもプロの方にお願いをした方が安心できますよ。

安心を買ったと思ってお任せする方法をオススメします。

エンジンがかからない!そんな時はどうしたらいい?

どうしてもエンジンがかからない原因が見当たらない・・・、そんな時はやはりプロにお任せするしかないかもしれません。

普段から行っている馴染みのガソリンスタンドがある方は相談をしてみましょう。

こんな時の為にセルフではないガソリンスタンドに行っておくという手もありますよね。

もちろんディーラーやカーショップに相談をしたりロードサービスを利用したりという手もありますが、時間がかかってしまう事が多いのが難点です。

その点ガソリンスタンドだと、行ったらすぐに相談に乗ってくれます。

原因がわかれば修理もお願いできますので、いつも行くガソリンスタンドがあるという方はソチラで相談してみてもいいのではないでしょうか。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - よりよい生活に役立つ知恵