知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

世界の人種の種類とは?それぞれの特徴について徹底調査!

2018.6.9

世界にはいろいろな人種が存在していますが、その種類で代表的なのは黄色人、白人、黒人なのではないでしょうか?

では、それぞれの特徴はどうなっているのでしょうか?黒人は運動能力が高いように感じますが、その理由は何なのでしょうか?

人種と民族は同じ意味?人種の意味や種類、そしてそれぞれの特徴について改めて理解してみませんか?

人種の種類で代表的な黄色人、白人、黒人・・・それぞれの特徴とは?

黒人の特徴は?

運動能力や音楽、踊りなどが優れています。それは、黒人はホモサピエンス発祥の地であるアフリカの人種だから、猿人からずっと高めてきた能力や性質を純粋に受け継いでいるためです。

人類の根本的な楽しみを求め続けるので、学問のような新しい楽しみにはあまり興味がなかったため、文明が発達しなかった。しかし、大衆文化やスポーツ文化面で爆発的に活躍します。

白人の特徴は?

行動力や探究心のある者が、食料や水のある場所を常に求め続け、生き残ったとされています。

新しいことに常に挑戦し行動力があるので、文明の衝突も多いし、衰退も多かったが、普通に生活していたらまず手を出さない領域に手を出すことで、文明が爆発的に発達した。

黄色人の特徴は?

忍耐力に優れる。アジアに広がった黄色人種は氷河期に、シベリアに氷河で閉じ込められたという歴史を持ちます。極寒の世界で耐えることのできないものは死に絶え、忍耐力のあるものが生き残ったとされています。

現状に耐え努力することで、文明を着実に発展させてきました。

人種の種類の中でもアジア系の特徴とは?

アジア系民族はどんな特徴があるの?

控えめ

日本をはじめ、アジア系の民族は他の地域の人に比べて表現が控えめです。日本人からみると、自己主張の激しい中国人でも、アメリカなどへ行けば大人しい人と見られがちです。

内向的

控えめという表現にも少し似ていますが、全体的に知らない人にでも声をかけるような外国人の気質からすれば、アジア系の民族の性格は内向的な面が強いです。他人との身体的、心理的距離に気を使い、一定の距離を保ちたいという性格もアジア系ならではです。

家、家族をとても大切にする

仏教の教えからか、親や先祖を非常に大切にする文化があります。結婚は家同士の付き合いというのはアジア系の考え方も根強いです。

体裁を非常に気にする

私は私。自分が良ければ周囲はあまり気にならないという外国人に対して、アジア人は人の目を気にして、周囲に合わせようとする傾向が強いです。

人種の種類の中でも黒人が身体能力に特徴がある理由とは?

黒人は、太ももの裏やお尻の筋肉が発達しやすいといわれています。

これらの筋肉は、走るときやジャンプするときに大きな力を出します。

逆に日本人は止まるときやジャンプして着地するときに使われるブレーキの役目を果たす筋肉太ももの前側が発達しやすいといわれています。

黒人は日本人に比べて肩や腕の使い方のレベルが高いと思います。

これは背中の盛り上がりと深い関係があります。背骨のS字カーブが効いているということです。

背骨のS字カーブが効くと肩甲骨が肋骨の上にのっかります。

骨で支えることで筋肉で支える必要がなくなり肩甲骨周りの筋肉をリラックスさせることができます。

黒人は背骨のS字カーブが効いていて常に肩回り、腕の筋肉がリラックスしているので、肩や腕を楽に力強く使うことができるので、例えばバスケットボールにしてもボールを自由自在に操ることができるのです。

日本人の平らな背骨では肩回りの筋肉が緊張して力んでしまうためスピードも出ないしパワーも発揮できません。

そのため日本人は黒人レベルのダブルクラッチやパス、ドリブルがなかなかできないといわれています。

人種という考え方はどうやって生まれた?

「人種」という考え方は16世紀頃に生まれたとされています。
これを学説として発表したドイツの医師がいました。

1755年に発表した論文では、頭蓋骨の比較研究などを基礎に分類したとされています。
しかし、この分類と定義の特徴はキリスト教とヨーロッパの伝統に強く影響を受けているのです。

18世紀のヨーロッパ社会は平等な社会の実現、人民主権論などが沸き起こり、人間の解放を唱える啓蒙思想が出始めたころでもあります。

そんな中で、ヨーロッパの人々は自分たちが優れていると考えていたわけです。

当時のヨーロッパ人は、自分達はノアの箱舟でアララト山にたどり着いた人々の子孫であり、善である白い人なのだとしたのです。

またこの医師はこんなことを言います。

「コーカサス出身の白い肌の人々が最も美しく全ての人間集団の基本形である」

当時はこうした考え方が受け入れられていました。

人種と民族・・・その違いとは?

「人種」とは、人類を骨格や皮膚、毛髪や血液型などの形質的特徴によって分類した、生物学的な特徴による区分単位のことを言います。

一般に皮膚の色によって、白色人種・黄色人種・黒色人種の三大人種に分類されるが、オーストラロイドを加えた四大人種、カポイドを加えた五大人種とする分類の仕方もあります。
民族は社会科の分類。人種は理科(生物)的分類で、民族は遺伝と無関係だが、人種は遺伝に依存します。

また民族は本人の自覚や行動に依存するが、人種は本人の自覚や行動と無関係です。

日本民族とは縄文時代以前より日本列島に住んでいた人々で構成される「大和民族」のことです。

日本で最も多い民族は大和民族ですが、この他に、アイヌ民族、琉球民族、ウィルタ民族など、多くの民族で構成されており日本民族(大和民族)という集団ではありません。

黄色人種とは

他の地域と極端に違うところ、それは黄色人種の多さです。北極と赤道の丁度中間辺りにズラリと並んでいるアジアの国々は、気候などの関係などから黄色人種が多いです。黄色人種のほとんどはアジア系と言えます。

金髪など、様々な色の髪の毛の人種がいる海外に比べ、アジア系の民族は全体的に茶色から黒っぽい髪の色をした人が多いです。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 人間関係を向上させる知恵