知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

中卒だと結婚する際に男女問わず苦労する可能性大!

2018.3.6

高校を中退したなど、最終学歴が中卒の男性は世の中にたくさんいますが、後になって後悔する場面がでてきます。その多くが「結婚」です。

彼女の親が結婚に反対するケースも多く、結婚が破談になってしまうこともよくあります。

最終学歴が中卒の結婚事情について調べてみました。

中卒の男性は結婚するのが難しい?

大卒男性が当たり前となりつつある今。
最終学歴が中卒の男性の結婚は結論から言えば、年齢に関わらず大変厳しいのが現実です。

中卒の男性と結婚したい人はどのくらいいるか知っていますか?

中卒男性と結婚したい女性は、大卒の男性と結婚したい女性のうちわずか6%ほどしかいません。
ちなみに、高卒男性と結婚したい女性は、大卒の約40%。短大卒の男性と結婚したい女性は大卒の約60%。大学院卒の男性と結婚したい女性は、大卒よりやや低めというデータもあります。

学歴だけで人を判断するのはどうなのかという意見ももちろんありますが、男性の結婚のチャンスを考えた場合、学歴のボーダーラインは、高卒と大学卒の2段階あるのです。
数字からみても、中卒男性を選ぶ女性はかなり低いのです。

とはいっても、結婚を決めるラインは学歴や年齢だけではないのも事実。

いくら学歴がよくても、価値観が合わなかったり、素の自分を見せられない相手と結婚しようと思うでしょうか。
相性が合う、一緒にいてリラックス出来る相手が一番であり、それが最終的な決定打となるのです。

最終学歴が中卒は男女問わず結婚の際に苦労する?

結婚相手を親に紹介したとき、相手の男性が中卒だからと親が結婚を反対するケースはよくあります。
結婚の時に相手の親から学歴の事を言われ、中卒であることから苦労した男性もたくさんいます。

男性側が中卒だと、親は娘の幸せを想うあまり、「就職してきちんと働けるのか」「転職するにしても、中卒だと難しいのでは」と、結婚しても経済的に困ってしまわないかと不安になります。子供が苦労するかもしれない結婚を、親がすんなりと受け入れず難色を示すのは当然かもしれません。

男性側と同様に、女性側が中卒の場合でも結婚の時に問題になることがあります。

専業主婦になるにしても、相手の親は「中卒だと一般常識もわからないのでは?」「子供ができてもしっかりとした家庭を築いていけるのか」といった思いを抱いてしまうのです。

高卒や大卒が当たり前となっている世の中。
結婚自体が破談にならなくても、結婚前にこういったトラブルが起きるのは避けたいと思うのが普通です。
そのため男女問わず、中卒だったことを結婚の際に後悔してしまう人が多いのです。

男性が中卒だと結婚を反対する親は多いのが現実

親は結婚相手の学歴に対し、口には出さなくてもやはり気にするものです。

大学進学率は今や半数を占めています。
最終学歴が中卒、または高校を中退している男性には、「どうして進学をしなかったのか」「なぜ高校を中退したのか」といった疑問をどうしても感じてしまいます。

疑問を感じるだけならまだしも、子供の結婚相手は大卒しか許さないという親がいるのも事実です。大卒しか許さない親もどうかと思いますが、でもこれは全て、自分の娘には結婚後に苦労してほしくないという親心からくるものです。

中卒や高卒だと、仕事で成果をだしたとしても、学歴を理由に役職や給与面で上限が決まっていることもあります。
また転職を考えた時も、大卒より就職できる確率も低くなってしまう事もあります。

結婚相手が中卒だと、「家族を養っていけるのか」と心配になるのです。

世の中はまだまだ学歴社会です。
大卒だと学歴の障害はありませんし、付ける役職の幅もあるため収入面の不安はありません。出世の可能性も高まります。そして何より、大卒というだけで親の信頼を得ることができるのです。

中卒=ダメではない!結婚できるかどうかは二人次第かも

中卒だから結婚はできないというわけではありません。
中卒であっても真面目に働き、職人を目指して若いうちから専門分野で技術や知識を高めている人は沢山います。
そういった人は学歴はなくても、他にはない財産をたくさん持っています。

学歴があって有名企業に勤めているから将来が安泰なのでしょか?
それなりの企業に勤めていても、ずっと幸せな暮らしができる保証はどこにあるのでしょうか。

もしかしたら企業が倒産してしまうかもしれませんし、夫となった人が病気になって働けなくなることもあります。浮気を繰り返すかもしれませんし、転職に悩まされることだってあるかもしれません。

相手の男性の条件がいくら良くても、将来必ず幸せになれるとは断言できないのです。反対に言えば、条件が多少悪くても、不幸せになるとは限らないということです。

学歴が中卒だからというだけで不安になり、結婚を逃してしまうのはもったいないということです。

中卒の男性と結婚するにしても、将来を一緒に考えてくれる人が望ましいのは確かです。大事なのは、将来に対する彼の考え方です。

資格取得を目指して勉強をするなど、給料は安くても仕事を一生懸命行うような彼なら、決してデメリットに考える必要はないのかもしれません。

中卒フリーターが結婚するには?

中卒フリーターが結婚するなら、十分な生活ができる収入がなければ結婚は大変難しいでしょう。

そのためには、フリーターから脱出しなければなりません。正社員になって、安定した稼ぎを得なければ、結婚へのゴールは難しくなります。

また、結婚は社会的信用を求められるものです。男性に求めるのはもちろんですが、女性も社会的信用を得なければ結婚は難しくなるものです。
誰に社会的信用を求められるのか。それは相手の親です。

男女問わず、いくら人柄良くても、結婚相手が中卒だと難色を示してしまうのは残念ながらあります。
結婚を許してもらうためにも、社会的信用を得なければなりません。

親は、中卒フリーターだから嫌なのではなく、中卒フリーターだとお金を稼げないのではと不安になるから結婚に難色を示すのです。
社会的信用は後付けに過ぎません。

今から学歴を上げるのは難しいですし、学歴をあげたところで就職できる保証もありません。

学歴を上げることよりも、まずは資格取得を目指す方がずっと近道です。その実績が自信となり、結婚へと結びつくでしょう。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 結婚や恋愛の知恵