知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

お団子の髪型はかわいい!簡単に作っちゃおう!アレンジも沢山

2018.3.4

大人も子供もかわいいヘアスタイルで人気の髪型に、お団子スタイルがありますね。

難しそうだけど意外と簡単にできますよ!お団子をアレンジして色んなスタイルが楽しめそうです。

高い位置でお団子をつくるか、低い位置で大人っぽく仕上げるか、その日のシーンに合わせてヘアアレンジを楽しんでみて下さい!

お団子スタイルの作り方や、必要なアイテムを紹介します。

お団子の髪型を簡単に作る方法とヘアアレンジ

かわいいお団子ヘアを少しアレンジしてみませんか?

まずは簡単なアレンジ方法。

  1. ベースの髪に軽くウエーブを付けます。
  2. 顎の延長線くらいの高い位置に髪を持っていきます。
  3. 後ろ毛を出します。耳の周りから出すとカワイイ雰囲気に。
  4. ゴムで一つに結びます。
  5. 毛束を2つに分けます。
  6. スティックに通して、片方の毛束をねじりながら結び目に巻きます。
  7. 後ろ毛などの髪をヘアアイロンで巻きます。
  8. お団子部分を少し崩すようにして完成です。

 

次は、ねじってまとめるアレンジです。

  1. 毛先を中心に軽く巻いておきます。
  2. 耳の上部をさかいに髪を取り分け、やや左寄りの場所で結びます。
  3. 残った髪を左寄りにして、2の場所とは少しずらして結びます。
  4. この2つの毛束をねじります。
  5. ラフな感じを出すために全体的に髪をほぐします。
  6. ねじった毛束を根元に巻き付け、ピンで固定します。
  7. お好みのヘアアクセを付けて完成です。

簡単なアレンジですが、こなれ感のある仕上がりになります。

髪型を簡単にお団子に。スタイリング剤を使おう

お団子ヘアなどのまとめ髪をする時には、スタイリング剤をしっかりと使うことによって、まとめやすくなりますし、崩れにくくなります。

最初に、まとめ髪用のワックスなどを髪全体にもみ込み、ヘアスタイルを作った後には、スプレーなどで固めるようにすると安心です。

髪に何も付いていない状態だと、プロの美容師さんであってもアレンジしにくく、仕上がった後の髪も崩れやすくなってしまいます。

特に直毛のきれいなストレートという方は、まとめるのも大変ですし、崩れやすい髪質ですので、事前にしっかりと整髪料を使いましょう。

お団子へにする前の上手なワックスの使い方です。

  1. ワックスを手に取り、手のひら全体に馴染ませます。
  2. 髪の内側から少量ずつ指を使ってつけていきます。
  3. ワックスを髪全体に付けたら、顔の周りや襟足などにさらに足しておきます。

髪型を簡単にお団子にするときのアイテムを紹介

お団子ヘアを作る時に必要な道具をご紹介します。

お団子を作るときはダックカールを用意しよう

髪を束で止めるや大まかに分ける時に便利なヘアクリップです。

お団子にはヘアゴムも必要!

美容師さんなどは輪っかになっていないゴムを使うことが多いですが、自分で髪を縛る時には、もともと輪っかになった状態の方が使いやすいでしょう。

ヘアピンも忘れずに用意しましょう

普通のヘアピンとU字型になったUピンがあります。
Uピンは使わなくても普通のピンのみでも大丈夫です。

大きめのブラシが使いやすい!

ブラシは髪全体をとかせる大き目の物が使いやすいでしょう。
小さなブラシだと一つにまとめる時にまとめにくくなります。
クシは自分の髪をまとめる時には使わないことが多いと思います。

最近の傾向としては、まとめ髪は少しルーズな感じがある方が今っぽい感じがします。

髪をまとめた後に、あまりにもビシッとしている場合には、少しほぐしておくとおしゃれ感がアップします。

お団子ヘアをアレンジしよう

くるりんぱで作る簡単お団子ヘア

低めの位置にくるりんぱで作るお団子ヘアです。
繰り返し何度もくるりんぱを行うだけの簡単アレンジです。

ニット帽に合うアレンジ

くるりんぱを2~3回して毛先を丸めたお団子ヘアです。
ニット帽と合わせても可愛いですし、帽子を脱いでもおしゃれです。

お団子にスカーフを巻き込む

お団子にスカーフを巻き付けたアレンジです。
リボンよりも大きく華やかなので、パーティーや結婚式の2次会にもピッタリなヘアスタイルです。
スカーフのデザインによって、雰囲気が変わります。

発表会の時の子供の簡単ヘアスタイル

お子様の発表会などには、ヘアスタイルにもこだわりたいですよね。

お客様が注目する舞台で、今までの練習の成果を発揮する子供達。
素敵な衣装にかわいい髪型で臨ませてあげたいものです。

髪の毛がある程度長いお子様なら、編み込みを使ったアレンジもおすすめです。
編み込みは清楚感もあり、きっちりとした場所にも合うスタイルです。

髪の長さが肩より長ければ編み込みができます。
少し短めの髪でも、編み込みをすることによって、短い毛がぼそぼそと出てくることも防げます。

編み込みは慣れると意外に簡単にできるアレンジなので、思う程時間も掛からずに作ることができます。

編み込みまとめ髪

  1. まず、髪を2等分にします。
  2. それぞれの毛束を編み込みします。
  3. 最後の部分を2ついっしょに結びます。
  4. その上からお好みのヘアアクセを付ければ完成です。

編み込みは、上品な仕上がりになるので、発表会などの他にも、卒園式や入学式などの行事の時にもおすすめです。

少し大き目の存在感のあるリボンなどを付けてあげると、フォーマルな場にもぴったりです。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 美と健康に役立つ知恵