知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

女性の気持ちが変わるのは当たり前!その潔さが魅力的

2018.2.26

女性は気持ちがころころ変わるものです。
よく男性は「名前を付けて保存」、女性は「上書き保存」などと聞きますが、まさにその通りで、女性は彼氏と別れても引きずることなく気持ちを切り替えることができる潔い生き物です。
ですから、彼女の態度が急に変わってしまった場合、もう元の様にはなれない確率がとても高いです。

今まで仲良くしていたのに突然冷たい態度で連絡頻度も激減。それは特別珍しいことではありません。

こちらでは彼女が気持ちが変わる心理についてお話していきます。

彼女の気持ちが変わるのは恋愛減点方式という女性心理が働いている

女性が恋愛する時に男性をどのうように対象としているのかをご存知でしょうか?
実は女性の心理には、「恋愛減点方式」というもので判断をしていることが多いのです。
その恋愛減点方式とはどんなものなのでしょうか?

友達以上としての基準で考え、イヤなところを見つけて減点していくのです。
その理由は、過去にお付き合いした男よりも、さらに良い男と一緒にいたい気持ちからから、この方式を使い減点していくのです。

 

その逆に良いところを見つけて加点していく方法もあります。
女性は男性のさまざまな部分をシビアに見ているのです。
しかしその人の年齢や性格など考え方はさまざまに違いますし個人差もあるので、一概には言えませんが。

なので男性は、気に入られたい女性やアプローチしたい女性がいる時には、マイナスよりプラスポイントを増やす必要が重要になるのです!

女性の気持ちが変わる原因とは?

女性は感情で生きている部分があり、精神的、肉体的なバランスが崩れると朝は笑顔で機嫌が良かったのに、午後になると気持ちがブルーになり、機嫌が悪くなる・・・なんて生理的、身体的な要因があることがあります。

男性から見ると、面倒だな~と思いますが、そこを理解しておかないと、女性の行動や言動に傷つけられるなんてこともありますので、注意が必要です。

 

特に女性は生理前後は、ホルモンバランスも乱れやすくなりますので、イライラしてることがあるので、もし気になる女性や彼女、奥さんの様子を観察しておくと良いかもしれません。

また、女性はその日の気分によって、態度が変わったり気持ちの変化やその場のムードにも流されやすいことがあるので、女性はそういう部分があることを男性はきちんと把握しておくことが必要です。

女性の気持ちが変わる理由や心理について

男女の恋愛におけるこんな話を耳にしたことはありませんか?

「男性は名前を付けて保存」「女性は上書き保存」

男性は、過去の恋愛をひとつずつフォルダをつけて名前を付けて保存をするので、過去の恋愛を美化する傾向がある。

そんな男性の恋愛傾向の話を聞くと、過去の彼女たちは未だに自分の事が好きかも?なんて思っている人もいるのだそうだから、勘違いも甚だしいですよね。

しかしその逆に女性は以外にも過去にお付き合いした男性のことを、上書き保存してしまうのですから、なんとも潔い感じがします。

 

過去の恋愛を引きずることなく、新しい恋愛をしたら、お付き合いしていた人を振り返ることなく前に進んでいけるのです。そう考えると女性はきちんと現実を見ていることがわかります。

そんな話を男性とすると、女性の恋愛観は意外とドライで、恋愛に対して容量が狭いなんていう男性もいるみたいです。

でも考えてみてください・・・別れた時の理由を!
だって、その相手はもう必要ないから別れたんでしよね?それをいつまでも美化するってありえなし女々しいですよね。女性側から見たら「なんであんな男と付き合っての?」と思うし、過去を引きずると未来にはいけませんし、幸せになることはできないのです。

女性が気持ちが変わる・冷たくなる、その心理

ことわざで「女心と秋の空」と言葉があるように男性に対する愛情に限らず、感情の起伏が激しいことや移り気なことを表していますが、特に女性は直感的に動く気分屋な一面がありますし、笑っていたかと思えば、怒ったり、泣いたりと喜怒哀楽の感情表現が激しいことがある。

男性にはちょっと理解できない部分があり、戸惑う男性も多いのではないかと思う。

 

お付き合いしていた女性から、嫌われて別れを切りだされ別れた場合は、復縁の可能性は「0」に近い。その理由は、女性は一度冷めてしまうとその考えを覆さない頑固な一面があり、男性が何度復縁を迫ったとしても完全に敵と認識しまったく受け付けないのです。

しかし自然消滅の円満での破局の場合は稀なケースではありますが、 復縁可能性はあります。

女の気持ちは変わるもの。「女心と秋の空」は当たっている?

先の記事でご紹介した「女心と秋の空」は女性の恋愛観に当たっていると感じた人も多かったと思いますが、女性の気持ちはいつも移り気で、その場面において、季節により気持ちもコロコロ変わることもあるのです。

しかし全員がそうとは限りません。ですが、大抵の女性の多くは感情的に生きている人が多いことは確かです。

男は恋愛観において、何か感じる時に細かい理論を展開して話をします。
しかし女性は全体的な雰囲気を一言でしか、表さない情緒的な生き物なのです。
また女性は結論を出す前に行動することが多く、自分一人で勝手に結論を出してしまうことが多々あるのです。

女性は本能や直感で考える事が多く、その反面男性は、本能や感情に支配されず、物事を論理的に考え判断する能力を持っていることがわかります。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 結婚や恋愛の知恵