知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

コートによって値段は違う・・・違いって何かを知りたい!

2018.2.1

トレンチコートやダッフルコート、ウールコートにダウンコートなどなど、コートにはたくさんの種類がありますね。

コートってなかなかいいお値段がしますよね。
最近ではファストファッション店などで、安くて流行りのコートも手に入れることが出来ます。

値段が高いコートの違いってなんでしょう?
みんなはいくらくらいまでなら出せる?コートについてまとめてみました。

値段が高いコートと安いコートの違いはなに?

コートなどの洋服の値段の違いはどこに関係しているのか?

一番わかりやすいのは使っている生地、素材の価格です。もともとの生地の素材が高ければ製品も高くなりますよね。

見た目が同じでもカシミヤのコートの価格は高く、着た時の感じも違いがあります。

また同じ素材の綿100パーセントだとしても、使われているコットンによって価格に違いが出るでしょう。

生地の素材の違いや品質の違いが価格にも表れています。

その他にも価格に大きな差が出るのはブランドかノーブランドかです。ブランド自体に価値があり、価格が高いのはブランド料だと思ってください。

CMや雑誌などで大きな広告を入れて宣伝をしている分も、商品の価格にプラスされています。そして購入した人はそのブランドの着用しているという優越感などが得られます。

デザインがすぐれているものは、有名なデザイナーが作っているものが多く、そこにもデザイン料が発生します。

このような物が全て商品の価格に含まれているので、価格に違いが出てくるのではないでしょうか。

ダウンコートの値段や違いについて

コートと言えばダウンコートも価格に差が出ます。

ダウンの価格の差は何が原因だと思いますが?良質な羽毛、ダウンを使っているからだと思いますよね。

しかし価格に現れるダウンの割合は20パーセントほどで、それほど価格に影響を与えるものではないのだそうです。

では、どこの違いが価格に差を生み出すのか?それは縫製の工賃なんです。

しっかりとした縫製が出来ていれば、長く使用する事が出来たり、また縫製が難しい生地も技術で縫製をする事が出来るので、価格は高くなるとの事。

もちろん生地が高い場合もあったり、生産が少ないために高価な価格になる事もあるようです。

値段が高いから上質なダウンが入っていると思い込んでいましたが、縫製技術による価格の差が大きいなんてビックリです。

値段が高いコートを買って感じた違い・・・

少しの価格の差なら着用したときにもそれ程の差がないかも知れませんが、1万円と10万円のコートなら、見た目にも着用した感じにも違いを感じる事が出来ると思います。

値段が高いコートは着ていても動きがスムーズに行えてストレスを感じる事が少ないでしょう。逆に価格が安かったコートは腕を伸ばすときに窮屈だったりと着ずらさを感じる場合もあります。

そして羽織っている時の優越感みたいなものも違いますよね。いいものを着ているぞ!という時は何だか自分までグレードがアップしたような気になってしまいます。

その他にも高かった分大事に着ますよね~。

流行に関係ないデザインだと大事に着ているせいか、安かったコートよりもずっと長持ちしていたりします。

逆に高くても今流行のデザインを買った時は、流行遅れになっても捨てるのがもったいなくてタンスにずっと眠っていたりする事もあります・・・。

高い品物はデザインが良かったり、着心地が良かったり、生地自体がいいものであったり価格に見合った良さがある事が多いですよ。

コートの値段はいくらまで?

コートの価格の違いについてお話ししましたが、実際にコートを買う時にどこまで出せるのか?気になりませんか。

20代の女性なら1番多かったのは15000円以内です。約3割の方がこう答えています。

そして次に多いのは30000円以内、この位だとリーズナブルだと考えて購入できると答える人は約2割です。

セールになって、この価格なら買って損はなし。と時期を狙ってコートを買う方も。

10万円以上や10万円以内という人は全体の1パーセントほどでした。20代だと一生ものよりも、今流行のデザインの物を安く買いたいという人は少なくないようです。

また買わずに今年は我慢をするという方も少なくはなく1割以上います。

フリマや古着屋を利用してもっと安く買うという方も合わせると5パーセントと、高いコートを買う人よりも多い結果となっています。

コートにこだわりを持って高いものを買う20代は全体から見ると少ないという事ですね。

コートはいつから着る?

季節を先取り!少し涼しくなってくるとコートを羽織ってブーツを履く人を見かけるようになります。

実際コートはいつから着るとおかしくないのでしょうか。

それはコートによっても違います。薄手のトレンチコートなら秋口の10月頃から着用して問題ありません。

また少し暖かくなった春先にも出番があり、一着持っていると重宝します。

ダッフルなどの本格的に冬を感じるようなコートは気温がグッと下がった11月の終わりころからの出番となります。

そしてダウンのコートだと雪が降るような寒い季節12月から2月までに着る事が多いのではないでしょうか。

その他にもウールのコートならトレンチコートでは寒くなってきた11月が適しているとおもいます。

裏地やデザインによっても違いがありますので一概には言えませんが、コートもその時々に合ったものを選んで着るといいと思います。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - よりよい生活に役立つ知恵