知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

クリスマスと誕生日が一緒な場合のプレゼントやお祝いの仕方

2018.1.30

彼氏や彼女の誕生日が「クリスマス」という方もいるでしょう。

ここで悩むのがプレゼントです。

日にちが同じだからと一つで済まそうとしている人はいませんか?

相手から「一緒にしていいよ」と言われても、できれば別々に用意してあげたいものですよね。

たぶん、幼い頃はいつも誕生日とクリスマスを一緒にされていて、ちょっと損した気分でいたと思いますよ。

クリスマスと誕生日が一緒の人はこんなクリスマスを送っていた

誕生日がクリスマスと言う人は、どのようなクリスマスを送っていたのでしょうか。

子供の頃は、誕生日には誕生日プレゼント、クリスマスにはクリスマスプレゼントをもらいます。
しかし、これが同じ日だった場合、多くの子供はプレゼントは一つで間にあわされた可能性が高いのです。

普通の人は、プレゼントが1年に2個もらえるところ、クリスマスが誕生日の人は1年に1個のプレゼントしかもらえないという子供時代を送っていた人も多いでしょう。

これは、とても損をした気分ですよね。

しかも、ケーキも毎年、誕生日のケーキではなくクリスマスのケーキとして売っているものを食べていたのではないでしょうか。

クリスマスには、ケーキ屋さんのホールケーキはほとんどがクリスマスケーキです。
クリスマスを意識したデコレーションで、誕生日感は何もありません。

そのような子供時代を送っていた人にとっては、誕生日とクリスマス、別々にプレゼントを贈ってあげた方が嬉しいものです。
高価なものであれば、二つを兼ねて一つのプレゼントでも構いませんが、基本的には2つ用意してあげましょう。

恋人の誕生日がクリスマスと一緒!プレゼントはどうしたらいいの?

彼氏や彼女の誕生日がクリスマスだった場合、相手からは「誕生日とクリスマス一緒でいいよ」という言葉があるかもしれません。

しかし、これは本心なのでしょうか。

やはり、相手への気遣いや金銭的な負担を考え、一緒でいいよと言っている可能性もあります。

できれば、それぞれにプレゼントを用意した方が、貰う側は嬉しいですよね。
小さなころから、一つしかもらえなかったプレゼントが恋人からは、きちんと二つのお祝いをしてくれると、とても特別感があります。

せっかくのお祝いなので恋人にも喜んでもらいたいですよね。

クリスマスと誕生日が同じ場合の恋人にはどのようなプレゼントの渡し方があるのか、3つのパターンを提案します。

  • 誕生日とクリスマスのプレゼントは別々に2つ用意する
  • 誕生日とクリスマスを合わせて高価なプレゼントを用意
  • 誕生日とクリスマスを合わせてサプライズな演出で驚かせる

誕生日とクリスマスがほとんど一緒の場合、どちらを優先?

誕生日とクリスマスがかなり近い場合、仕事の関係で、どうしてもどちらかしかお祝いできないという場合には、誕生日を優先してあげるのが良いでしょう。

クリスマスは、キリストの誕生日。
世の中は一斉にクリスマスです。

それに対し、誕生日はあなたの大切な恋人が生まれた日。
誕生日は、その人だけの特別な日です。

これは迷うことなく、誕生日を優先して下さい。

恋人には、誕生日にしか会えない理由をきちんと伝え、どうして誕生日を選んだのか、どれだけあなたの事を思っているかというのをきちんと伝えましょう。

相手は、両方は会えないことに寂しさを感じるかもしれませんが、誠意を持って伝えればわかってくれると思います。

クリスマスに贈りたい思い出に残るプレゼントは

クリスマスのプレゼントには、冬の季節ならではの贈り物をする方も多いでしょう。

寒い季節には欠かせないマフラーや手袋も人気です。

彼女へのプレゼントとして考えるならば、クリスマスのプレゼントは冬らしいマフラーや手袋、またはアクセサリー。
もう一つ、誕生日のプレゼントとして花束を贈るというのも喜ばれるのではないでしょうか。

女性にとって花束のプレゼントというのは、あまり貰う機会も少なく、とてもスペシャル感のあるものです。

品物のプレゼントももちろん嬉しいのですが、花束をもらうというのはまた違う感動があるものです。

また、二つのプレゼントを考える場合に、一つは何か品物にして、一つはイベント的なものを組み合わせるという方法もあります。
素敵や夜景が見えるレストランで過ごしたり、思い出をプレゼントするという感覚に近いでしょうか。

レストランによっては、スタッフの方に頼んでプレゼントを希望のタイミングで運んできてくれるというサービスを行っているところもあります。
ちょっとドラマチックな演出ですよね。

誕生日とクリスマスが一緒な人の本音は?

誕生日とクリスマスが同じ時期の人のあるあるをご紹介します。

誕生日に雪が降ると嬉しい

これは地域によっても違いがあるかもしれませんが、やはりホワイトクリスマスというのは嬉しいものですよね。
特にあまり雪が降らない地方では、テンションが上がります。

人に誕生日を覚えてもらいやすい

クリスマスが誕生日というのは人にも覚えてもらいやすいものです。
名前よりも誕生日の方が、その人の印象に残ることも。

誕生日は冬休み中なので学校でおめでとうと言われない

せっかく誕生日を覚えてもらっても、学生の頃は冬休み中です。
ごく身内の人にしか祝ってもらえません。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - よりよい生活に役立つ知恵