知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

カレーの隠し味に、バターを入れるベストタイミングとは

2018.1.29

カレーの隠し味にバターを使用する方も多いようですが、どのタイミングで入れるのが良いのでしょうか?

バター入りのカレーは、まろやかさやコクが増してとっても美味しいんですよ!

その他にも、カレーに入れるとおすすめの隠し味をご紹介いたします。

カレーにバターなどの隠し味を入れるタイミングとは

カレーに隠し味を入れるときは、カレーのルーが解けきった後がベストタイミングです。カレーにはニンニクとショウガを入れる事でコクが出ると言われますが、通常は先に炒めて香りを出すことと思います。

ですがあえて最後に入れる、というカレーのプロもいるんです。
これは隠し味によく使われるコーヒーも同じです。これらはあまり長時間ぐつぐつ煮込んでしまうとせっかくの香りが飛んでしまうので、気を付けて下さいね。

また隠し味に蜂蜜を入れる場合には75度以上の熱いカレーに入れるようにしましょう。なぜなら75度以下のカレーに入れてしまうと小麦粉のでんぷんを分解してしまいとろみのないカレーになってしまうからです。

とろみを失いたくない場合ははちみつを入れたら75度以上の温度になる様に煮込んでください。

バターは食べる直前に投入するのがお勧め。とてもまろやかなカレーに仕上がります。

カレーの具材を炒めるタイミングでバターを使用することがあるのは何故?

カレー専門店では、野菜を炒める時に油ではなくバターで炒めるお店も多いようです。

まずカレーには玉ねぎが不可欠です。玉ねぎはコクと甘みのあるお野菜で、和食に例えると出汁のようなもの。この玉ねぎをバターで飴色になるまでとろとろに炒めたものはやはり味に違いが出てくる事でしょう。

もちろんサラダ油でも良いですがコクや風味を重視したい時はバターを使ってみるのもお勧めです。
また最近ではココナッツオイルを使うのもお勧め。独特の香りがありますが中鎖脂肪酸も取れますしカレーにはすごく合います。

ぜひお試しください。

カレーの隠し味にはバター以外にもコーヒーがおすすめ!タイミングが重要です

カレーの隠し味にコーヒーを入れるといいよと聞きましたが一体どのタイミングでどれくらいの量を入れるのが良いのでしょう?

コクのあるカレーを作りたいので、詳しく調べてみました。するといくつかポイントがあることが分かりました。

 

隠し味に使うコーヒーは「インスタントコーヒー」がお勧め。やはりインスタントですと煮込むときに溶け込みやすいという利点があります。

お鍋に投入する時はカレーのルーの後です。

またインスタントではなく、ドリップコーヒーなどの濃い目のものの場合は、入れるタイミングは食べる直前がお勧め!

完全にカレーが出来上がり、お鍋の火を止めたら回し入れよくかき混ぜましょう。

この時の目安の量は、4人分ならおよそ小さじ1~2くらいのインスタントコーヒーを入れると良いです。

カレーの隠し味にバターを入れると、こんな効果も!

味が濃くなりすぎてしまったカレーをまろやかにすることができます。
バターはカレーととても相性が良いものです。

カレーは2日目が美味しいと良く聞きますが、次の日に続けてカレーを食べることも多いのではないでしょうか。カレーは常温で置いておくと菌が発生するので冷蔵庫に保管して食べるときに温めるのが良いです。
そうして温めなおしているうちに、カレーが塩辛く感じる事がありますよね?そんな時はバターの出番です。

バターを加える事で塩辛さも軽減されとても食べやすいカレーになります。

また食べきれなくて残ってしまったカレーは冷凍保存がお勧めです。
ニンジンやジャガイモがゴロゴロ入ったカレーは冷凍しても食べるときに食感があまりよくないので、つぶしてしまうと良いでしょう。

そうして保存袋などに平たく伸ばして1食分ずつ冷凍すると扱いやすいのでお勧めです。

バターの他にもおすすめのカレーの隠し味をご紹介

カレーは、それぞれの各家庭によって作り方や材料、隠し味が違ったりなどで家庭の味を強く感じるものでもありますよね。

作る側も、自分オリジナルの美味しカレーを作ろうと、隠し味を研究したりするのではないでしょうか。

よく言われるのは「コーヒー」や「バター」、「ビターチョコレート」などを入れるとコクが出て良いと言われています。その他のおすすめの隠し味をご紹介します。

ぜひ食べ比べして好みの隠し味を発掘してみて下さい。

カレー+りんご

秋にリンゴ狩りに行ってたくさんりんごが余ったので、カレーに使いました。
すりおろしたりんごと角切りにしたりんごを入れた甘口のカレーは子供たちに大好評でした。

カレー+ショウガ

ショウガを最初に炒めるのではなく、ルーの後に仕上げにすりおろしたものを加えます。ショウガ独特のピリッとした辛味と体がポカポカ温かくなるのでお気に入りの隠し味です。

カレー+赤ワイン

よくビーフシチューに入れるのですがカレーにも試しに使ってみました。仕上げに入れるとふわっとワインの香りを感じるので大人向けかもしれません。
お子さんに食べさせるのであれば野菜をいためて煮込み始めるときに入れるとアルコール分が飛ぶので良いと思います。

カレー+めんつゆ

麺つゆにはだしが入っているのでうまみが増すのでおすすめだと、お蕎麦屋さんで働く知人に教えてもらいました。

残ったカレーはカレーうどんとの相性も抜群です。めんつゆを入れるときは少しずつ味を見ながら入れて下さいね。そうしないと塩辛いカレーになってしまいます。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 料理や家事に役立つ知恵