知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

コートの種類と、暖かさと可愛さがそろったコートを紹介

2019.3.21

コートを買う時に、どんなところに重点を置いて購入しますか?
価格やデザイン、軽さなどが挙げられるでしょうが暖かさに重点を置くという人が多いようです。
おしゃれも大事ですが、暖かさも大事ということですね。

そこで今回は、コートの種類とその暖かさについて紹介します。

まずは暖かいコートの代表といえば、ダウンではないでしょうか。寒い地域や極寒の地ではダウンが活躍します。

コートに暖かさも欲しいし、可愛さも欲しいのが女性ですね。その両方を兼ね揃えたコートの種類を紹介します。

コートの下に着る物にも一工夫することで暖かさを感じることが出来ます。ポイントをご覧ください。

暖かさを感じるコートの種類はダウン

寒い冬になったら、クローゼットからコートを出すと思いますが、ひときわ寒い年は、自分が持っているコートでは寒さがしのげないかも知れません。
また、旅行などで飛び切り寒い場所に行くことになったら、ちょっとした防寒具では体調を崩してしまうかも知れません。

寒い季節でも暖かさを感じたいのであれば、おすすめのコートの種類はダウンです。
ダウンは生地の中に羽毛を詰めたコートですので、かなり気温が下がった時や、寒い地域に行く時におすすめです。
ただし、その保温性の高さから、外ではちょうど良くても、屋内に入った時にのぼせそうになるくらい暑く感じる時もあります。
そういった時は無理せず脱いで体温を調節しましょう。

また、同じダウンでも、ダウンベストや、薄手のダウンコートは暑くなりすぎませんので、ほどほどに寒い時に着ると良いでしょう。

暖かさと可愛さを揃えたいコートの種類

暖かさならダウンコートが一番ですが、それ以外にも暖かさと可愛さを揃えたいコートの種類をご紹介します。

ムートンコート

暖かさと見た目のおしゃれさで人気のあるムートンコートはいかがでしょうか。
裏がボアになっているタイプが多く、モコモコした暖かさも相まって人気のコートのひとつです。

ボアコート

モコモコを外側に施したボアコートもおしゃれですよね。
一見ボアコートだけど、実はムートンコートを裏返しにしたリバーシブルという場合もあります。

キルティングコート

「ダウンほどモコモコしたくないけど、暖かさもある程度確保したい」という方はキルティングコートがおすすめです。
キルト加工がカジュアルさの中にも女性らしい優しい雰囲気を醸し出してくれます。

寒さに負けない一工夫で暖かさを持続しよう

見た目の可愛さを優先させたせいで、体を冷やしてしまっては、健康を害してしまいます。

寒さに負けない一工夫で暖かさを持続する方法

カーディガンなどを1枚プラス

コートの防寒機能がいまひとつだったり、自身が寒がりだったりした場合は、カーディガンなど暖かいものを一枚プラスしましょう。
見た目も損なわず、暖かく過ごすことが出来ます。

肌着を1枚プラス

アウターやインナーの組み合わせを替えたくない時は、肌着を1枚プラスすることをおすすめします。
暖かい素材のシャツや、ガードルなどを1枚プラスするだけでも、体感温度は大きく変わります。

小物をプラス

寒さ対策は、コートや服、肌着以外にも、帽子や手袋、マフラーをプラスすることでも対策することが出来ます。
顔や指先は寒いと痛みを感じることがありますので、手袋をマフラーが特におすすめです。

コートの暖かさは素材や種類も関係する

「コートの暖かさは素材や種類も関係する」という事を理解して、コートを購入したり、その日に合わせたコートを着ましょう。

コートの素材を知って、失敗する可能性をグンと減らそう

ウール

羊の毛で作られるウールは暖かい素材の代表格ですよね。
コートはもちろんですが、セーターやカーディガンにも使われています。
肌に当たるとチクチクすることもありますが、冬にはおすすめの素材のひとつです。

ツイード

主にウールを使った織物の一種であるツイードは、おしゃれに冬を過ごしたい人におすすめ種類です。
ウールではなくアクリルを使ったものもありますが、暖かさではウールの方が上です。
ツイードはセーターのようにざっくり編むのではなく、きっちり織られているので、風を通しづらく、防寒コートとしても優秀な一品です。

ダウン

水鳥の羽根を生地の中に詰めたダウンは、暖かさナンバーワンです。
冬の屋外に長くいる事が多かったり、寒い地域に住んでいる人は、最低1枚持っていると重宝します。

カシミア

暖かくて肌触りの良いカシミアは、冬を暖かく過ごす素材としても重宝します。
ただし、素材が高価なので、カシミアのコートとなるとかなり高額になります。
ですので、他の素材と混紡されているものや、カーディガンやセーターのように気軽に着られるものを他のコートを合わせると予算的にも使いやすくなります。

アンゴラ

カシミアと並んで高級なアンゴラも冬のコート向きの暖かい素材です。
仕上がりの上品さからフォーマルな場面にもピッタリです。
ただし、カシミアと同様に値段も高価ですので、混紡されているものや、セールのタイミングを狙うと良いでしょう。

コートに求めるのは暖かさやデザイン性

コートを買おうと思った時に重視するのは、値段でしょうか?
多くの人がコートに求めるのは暖かさやデザイン性のようです。

確かにいくら値段が安くても、暖かさがあまりなかったり、自分好みでは無いコートでは安物買いの銭失いというのもです。
もちろん値段も大切ですが、それを踏まえた機能性やデザイン性で選んでいるのですね。
それ以外で選ぶポイントとしては、こういったものがあるようです。

  • 重ね着しやすいか
  • コーディネートしやすいか
  • 重すぎないか
  • メンテナンスしやすいか

などのポイントも満たしていると、冬のコートとして優秀と言えるでしょう。

このように、コートには様々な種類があり、暖かさやデザインも多種多様です。
自分の住んでいる場所や、旅先の気温などに合わせた素敵なコートを手に入れましょう。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - よりよい生活に役立つ知恵