知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

綺麗と可愛いの違いを外見や内面で分析。モテるのは可愛い女性

2019.3.12

綺麗と可愛い、言われるとしたらどちらが嬉しいですか?
綺麗と可愛いどちらも嬉しい言葉ですが、その違いはなんでしょう。

簡単にいうと綺麗な人はシャープなイメージ、可愛い人は愛らしいイメージがあると思うますが、もう少し違いを詳しくみていきましょう。

また見た目だけではなく、性格やしぐさ、雰囲気にも違いがあるようです。
ではどちらのタイプが、男性に好まれるやすいのでしょう。

男性の好みにもよりますが、交際や結婚に繋がるのは「可愛い女性」のほうだといいます。
その気になる理由も紹介します。

やはり綺麗と可愛いの両方を持っている女性が最強と言えそうです。
綺麗と可愛い女性のなる為の方法もご覧ください。

綺麗と可愛いの違いや使い分け方

「綺麗」と「可愛い」は、女性にとってはどちらも褒め言葉ですよね。
この2つはどちらも「美人」を連想させますが、男性は使わけている事が多いようです。

「綺麗」という言葉は、そのまま「美人」に直結しています。
「美しい人=綺麗」なのです。

では「可愛い=美人」なのかと言うと、男性にとっては必ずしもそうではないようですね。
「可愛い」は、「綺麗」や「美人」よりももっと身近な存在で、自分から近づきたいと思える人に使うことが多いようです。

「綺麗」や「美人」は、単純に見た目の美しさについて褒めている言葉なので、男性にとっては高嶺の花ということでしょう。

綺麗・可愛い・美人の違いを詳しく

女性の褒め言葉としては、「綺麗・可愛い・美人」の3つが最も一般的ですよね。
しかし、男性はこれらの言葉を微妙なニュアンスで使い分けているのです。

男性がこれらの言葉にどの様なイメージを抱いているのかを知ることで、男性の自分への思いを垣間見ることができるかもしれません。

  • 綺麗
    髪が綺麗、爪が綺麗という場合にも使いますし、洗練されている雰囲気を持つ女性にも使われる言葉です。
    連想しやすい職種で表すなら、モデル系。
  • 可愛い
    雰囲気が容姿が幼い場合や、親しみやすかったり愛嬌のある女性へ使われる事が多い言葉です。
    連想しやすい職種で表すなら、アナウンサー系。
  • 美人
    モデル系、アナウンサー系とくれば、美人は女優系です。
    華やかで整った顔の作りをしている方に使われることが多く、その美しさ故に少々近寄り難いイメージがあるでしょう。
    高嶺の花につかう言葉です。

元からの作りが美しい時には「美人」、手をかけた美しさには「綺麗」、仕草や表情が愛らしく好感を抱く時には「可愛い」と使っていると言えそうです。

綺麗と可愛い女性の外見や内面の違い

「綺麗」と言われる人と、「可愛い」と言われる人の違いについて探ってみましょう。

綺麗

外見は、他人を振り向かせるような美しい体型、バランスの良い整った顔で有ることが多いです。
スッキリとした面長で切れ目など、見るからに美人な人が多いです。

しかし、実際の性格には関係なく、ややきつい性格の印象を与えることも多いのが「綺麗な人」の特徴でもあります。
近寄りがたく一部の人としか仲良くしないイメージを持たれることも多いです。
芯の強い人が多く、しっかり者に見られやすいので、リーダーシップを取ることも多いかもしれません。

はっきりとした顔立ちなので、白黒のモノトーンや原色系をファッションに取り入れる人が多く、パンツスタイルやタイトスカートなど、体にフィットした服装を好むことが多いでしょう。

可愛い

外見的には、綺麗な人のようにずば抜けた部分は特になく、低めの身長でふくよかな体つき、丸みのある愛嬌のある顔であることが多いです。

優しそうな見た目で話しやすい印象なので、性格の良い人と思わることも多いでしょう。
ニコニコと笑顔な人も多く、いろいろな人が集まってきます。

甘え上手なので、人に頼ることも上手ですが、その分頼りないと思わることもあります。
フリルやリボンなど、見るからに可愛い服を好む傾向があります。
色も淡いパステルカラーを好み、ゆとりのあるトップスにフレアスカートなど、ゆったりとした服装を好む人が多いでしょう。

綺麗と可愛い。男性にモテるのは可愛い女性

「綺麗」と「可愛い」と言う言葉を調べているということは、言葉の持つイメージや、男性が好む女性を知りたいのではありませんか?

そこで、ここでは「男性にモテる女性」とは、綺麗なのか可愛いなのかについて考えてみましょう。

男性は身近な存在で近づきたい対象に「可愛い」という言葉を使います。
ですから、自分にも可能性があるという前提で、彼女にしたい、結婚したいと思う相手を「可愛い」と思うのです。

もちろん男性は「綺麗な人」も大好きです。
しかし、高嶺の花というイメージがあるように、自分では手がなかなか届かないという思いもあるのです。
自分に自信のある男性や、外見にこだわる男性ならトライ出来るかもしれません。

世の中の大半の男性は、女性に声をかけて傷つくのが嫌だと考えています。
そうなると、高嶺の花よりも可能性の高い女性に声をかける可能性の方が高いですよね。
ですから、「モテる=声をかけられる」という点だけで考えるなら、答えは「可愛い人」です。

しかし、綺麗な人が好かれないわけではありません。美しい女性のことを嫌いな男性などいませんよね。

結論を言うなら、「綺麗で可愛い」が最強です。

綺麗で可愛い女性を目指そう

男性にモテたいのなら、目指すのは綺麗でも可愛いでもなく「綺麗で可愛い人」です。

男性には狩猟本能があり、視覚で女性を選ぶ傾向が見られます。

整った目鼻立ちに艷やかで透明感のある肌、引き締まってスリムなスタイル、これらは美人と言われる人の要素です。
さらに背が高い人の方が、綺麗だと感じさせる傾向があります。
また、髪や声も美人の要素として重要だとされています。

「綺麗で可愛い」を目指すためには、努力でカバーできる部分の綺麗はクリアしたいですね。
例えば、顔の作りや身長はどうしようもありませんが、顔や体を引き締めたり、メイクの腕を上げることは出来るはずです。
髪や肌を柔らかく艶やかにする努力や、美しい引き締まったスタイルの為の努力も可能ですよね。
爪を美しく整えたり、上品な仕草や話し方、良い香りをまとうなど、「綺麗」のためにできる努力はたくさんあります。

さらに「可愛い」を手に入れるためには、内面的な努力が必要不可欠です。
男性は素直に自分の話を聞いてくれたり、甘えてくれたり、優しくお世話してくれる女性が大好きです。
綺麗な女性は近寄りがたいイメージを持たれがちですが、やんわりとした親しみのある雰囲気を手に入れる事も大切です。
「女は愛嬌」とは、昔からよく言われますよね。

「綺麗」と「可愛い」の両方を兼ね備える女性は、男性にとってはまさに理想的と言えるでしょう。
もちろん男性にも好みがあるので一概には言えませんが、多くの男性の狩猟本能をくすぐることは容易に想像できると思います。

目指すなら、「綺麗で可愛い女性」が断然おすすめですよ。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 知識や雑学