知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

部屋にある冷蔵庫から変な音がした時には、こう対処しよう!

2018.5.19

部屋にある冷蔵庫から変な音がし、夜になるとその音で眠れないことがある・・・なんてことはありませんか?

もしかしたら故障?と思いドアを開けると音がおさまる、でも閉めると再び音がする・・

そんな時に考えられる原因はどんなことなのでしょうか?ここではその原因についての対処法や音での故障の見極め方をご紹介します。

部屋にある冷蔵庫の音がうるさい時に考えられる原因とは?

冷蔵庫から変な音がする・・・これって故障したの?ということはありませんか?

最近の冷蔵庫は、ドアの閉め忘れがあると音が鳴って知らせてくれる便利な機能がついていますね。

キチンと閉めたつもりでも、完全にしまっていないことがあります。「ピーピー」などの警告音が鳴ったら、物が挟まっていないかなど扉を確認してみましょう。

確認して扉を閉めたのにまだ警告音がある場合は、中のものが詰まり過ぎているのかもしれません。整理して扉を閉めて下さい。

それでも音がなる場合は、センサーの故障が原因になっていることがあります。メーカーに問い合わせてみましょう。

「ブーン」という低音がなっている場合は、コンプレッサーが原因になっているかもしれません。コンプレッサーは冷蔵庫の心臓部分で、冷蔵庫を冷やしてくれる装置です。

コンプレッサーにほこりやゴミが溜まっている、水平な状態で置かれていない、コンプレッサーが近くの部品に接触しているなどが原因になって音が出ていることがあります。

音が気になる場合は、確認してみて下さい。

部屋にある冷蔵庫の音がうるさいと感じたときにはこう対処しよう

冷蔵庫の音がうるさい時の対処法を紹介します。

冷蔵庫と壁との間をキレイに掃除

冷蔵庫の中を冷やすために、コンプレッサーが働くことによって「ブーン」という音がなります。

冷蔵庫と壁の間にホコリやゴミが溜まった状態だと、熱が逃げる場所がなくて冷却不足になってしまいます。

コンプレッサーが十分な冷却が出来るように、冷蔵庫のうらの部分もまめに掃除しておきましょう。

冷蔵庫の上にものを置いていませんか?

冷蔵庫の上の空いたスペースに、つい物を置きたくなってしまいますよね。

冷蔵庫の密着で、熱が逃げにくくなってしまいます。物は置かないようにして、ホコリもたまらないように掃除しておきましょう。

制振材は大丈夫?

コンプレッサーによる振動を軽減させるために、制振材が使われています。

引っ越しや移動の時に、制振材がとれてしまうとコンプレッサーの振動音が伝わってしまいます。

部屋の冷蔵庫から変な音がするのはファンの寿命も考えられる

冷蔵庫のファンも常に動いている状態です。なので故障しやすい部分と言えます。

ファンの寿命は10年とされていますので、そのくらいかそれ以上使っている場合はファンがキチンと作動していない可能性もあります。

ファンの故障は、取り換えるしか方法はありませんが、部品さえあれば交換は自分で出来ます。

冷蔵庫の型番を確認して、ネットでも簡単に買うことができますよ。ファンだけなら一万円もしないで買えます。

機械に自信がない方は、近くの電気屋さんか、メーカーに問い合わせるといいでしょう。

他に考えられることは、ファンに何かが当たっている場合です。

この場合は「カラカラカラ」というような一定のリズムの音がします。異物の混入か、霜が原因になっていることが多いですね。

最近の冷蔵庫は、自動霜取り機能がついていますのでそんなに心配はいらないでしょう。

冷蔵庫の寿命って何年?年数はどのくらい?

冷蔵庫は家電のなかでも高い物なので、なるべくなら長く使いたいですね。冷蔵庫の寿命はどのくらいなのでしょうか?

一般的にいわれているのが、8年~10年くらいですね。長い場合だと15年ということもあります。

10年はもってほしい、もつだろうと安心していると壊れるのが冷蔵庫だったりします。

少し冷えなくなった、音がすごい、突然壊れた!という話しはよく聞きます。冷蔵庫は壊れたらとても困る家電の一つですね。

急に壊れたからちょっと買ってくる・・・という訳にもいかないですよね。

夜遅い時間だと空いていなかったり、あいていても当日運ぶのはムリだったり、乗用車で運ぶことが出来なかったりします。

「壊れるまで使おう!壊れてから新しいものを買おう!」というより、最近調子がよくないなと感じた時が買い時かもしれません。

冷蔵庫から異音がする時には、音の違いで故障かどうかを見極めよう

「ブーン」「ピシッ」「ボコボコボコ」「ウィーン」など冷蔵庫は、色んな音を発していますね。

音によって故障なのか正常なのか知ることが出来ますよ。

「ミシッ」ときしむ音や、「ピシッ」という亀裂のような音は、冷蔵庫のドアを開けたり閉めたりする時による音です。

「ボコボコボコ」という音は、霜取りがされている時になっています。

「ブルルッ」という音は、給水モーターの音。

「ウィーン」「ゴトゴトゴト」という音は氷が出来た音ですね。

また金属音がなったりもします。

上記の音の場合は、冷蔵庫の故障や異常ではありませんので安心してください。

音がずーっとなっていたり、大きな音だったり冷蔵庫の振動が激しい場合は、故障の可能性がありますのでメーカーや、近くの家電店に聞いてみるといいでしょう。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - よりよい生活に役立つ知恵