知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

夕飯を食べないで寝るという美容法!ポイントを抑えて美しく

2018.4.18

こちらで紹介するのは夕飯を食べないで寝るとダイエット効果があるというお話です。
夕飯を食べないことが実は健康や美容には良いと言われています。

食べる時間を節約する事で、他の事に時間を割くことができますし早寝早起きする事で体のリズムも整います。食べない事で健康的に綺麗に痩せることができるのですから、挑戦しやすい方法でもあります。

ただこの夕飯を食べないという健康法についてはコツがあります。
それについて詳しくご紹介していきたいと思います。

夕飯を食べないで寝ると生活リズムが整う!早寝早起きで時間節約

食事は、寝る3時間前に食べること。

そうなると、仕事などで帰る時間が遅い人は、夕飯を食べていると寝る時間も遅くなってしまいますよね。

食事をしてすぐに寝てはいけないので、それまで無駄な時間を過ごすことにもなるかもしれません。

それだったら、夕飯を食べずにはやく寝たいと思いませんか。

もちろん慣れるまでは、夕飯を食べずに寝ようとしても、なかなか寝付けないかもしれません。

でも、横になっていれば疲れているので、だんだん眠れてしまいます。

これを繰り返していれば、自然と早寝になるでしょう。

そして、朝は早く起きれるはすです。

夜にしようと思っていたことを朝にしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、夕飯を食べずに早寝早起きを楽しんでみましょう。

夕飯を食べないで寝るとダイエット効果がある!

夕飯を食べないで寝ることは、時間を有効的に使えるだけではなく、ダイエットにも効果があります。

ダイエットとは、摂取したカロリーよりも消費するカロリーが高くなれば痩せることができます。

基礎代謝量や運動量が、この消費カロリーにあたります。

ですから、逆に夕飯を食べないと摂取カロリーがいつもよりも低くなるので、いつも通りの生活を送っていても、消費カロリーの方が高くなるのです。

これで、自然とダイエットすることができます。

例えば、普段からたくさん食べてしまう大食いの人や、最近になって急激に太ったという人は、夕飯を抜くことがオススメです。

夕飯を抜くことで、摂り過ぎているカロリーを抑えましょう。

そうすることでダイエットすることができますよ。

また、理想の体重よりも太っていて、ダイエットをしたという方も、この夕飯抜きダイエットをオススメします。

ぜひ試してみてくださいね!

夕飯を食べないで寝るダイエットの正しい方法

では、夕飯を食べないで寝るダイエットとはどのようなポイントに気を付けて行うのがいのでしょうか?

まず、朝食や昼食はいつもどおりの量を食べましょう。

夕飯を食べないからといって、朝食や昼食をたくさん食べてしまっては意味がありません。

できるだけ野菜中心のヘルシーな食事を心がけましょう。

それから、カロリーの高いお菓子を食べ過ぎるのもいけませんよ。

夕飯を食べないからと間食をするのもよくありません。

どうしても何か食べたいときは、消化の良い低カロリーのものにしましょう。

また、夕飯抜きダイエットをするのであれば、18時以降は何も食べてはいけません。

なので、それに合わせた時間帯に朝食や昼食を食べるようにするといいですね。

また、夕飯を食べないのですから、はやく寝てしまうのが一番です。

早寝をすることで、脂肪も燃焼されますし、食欲も抑えることができますよ。

ですから、夕飯を食べずに早寝をするのがポイントです。

しかし、どうしても夜に何か食べたいという場合は、温かいスープや飲み物を飲むようにしましょう。

それだけで満腹感を得られますよ。

夕飯を食べないで寝ても、朝と昼をしっかり食べていれば問題ない

夕飯を食べないで寝ても、朝と昼をしっかり食べているのであれば、健康上の問題はありません。

むしろ、夕飯を食べないで寝てしまった方が、朝の目覚めもスッキリといいでしょう。

朝食や昼食をにしっかりと栄養を取れてさえいれば、なんら問題はないのです。

むしろ、寝る3時間前に胃の中をスッキリとさせうことはとても理想的です。

その分、朝食や昼食はバランスのいい食事をしましょう。

夜の20時以降に食事を取る方が、かえって体に負担になりますよ。

朝食や昼食をしっかり食べていれば、カロリーの問題もないでしょう。

きっと体の調子も軽くなり、整えられるはずです。

夕飯を食べずに早寝をすれば、自然と早起きもなりますし、美容にも健康にも良く、時間も有意義に過ごすことができるでしょう。

夕ご飯を食べた後にすぐ寝ると体に悪影響を及ぼす

夕食を食べた後に、運動する人ってあまりいませんよね。

カロリーを消費できずにいると、それはそのまま脂肪になってしまいます。

ですから、夕飯はほとんどがそのまま脂肪になると考えてもいいでしょう。

それに、胃の中の物が消化されずに眠ってしまうと、消化不良を起こして体に栄養を取り入れることもできなくなります。

人は消化をするためには、大きなエネルギーを使います。

寝ている間に消化エネルギーを使うと、寝ているのに疲れが取れないなんてこともあり得るのです。

十分に体を休めることができない睡眠は、朝のだるさの原因にもなります。

ですから、良い睡眠を取るためにも、夕ご飯を食べた後にすぐ寝るのはやめた方がいいでしょう。

なので、夕飯を食べずに早く寝る方がたくさんのメリットがあるでしょう。

ぜひ心がけてくださいね。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - よりよい生活に役立つ知恵