知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

母親の愚痴は子供に悪影響?愚痴の多い母親への対処法

2018.3.21

母親の愚痴が多くて困っているという方も多いのではないでしょうか?

最近では、自分の子供に父親や仕事の不満や愚痴をはく母親が増えてきているそうです。

しかし、母親の愚痴は子供の成長に対して大きな影響を与えるのをご存知でしょうか?

そこで、母親の愚痴が子供に与える影響や愚痴の多い母親への対処法などについてご紹介いたします。

母親の愚痴を子供に聞かせてもいいの?

人はストレスが溜まると誰かにそれを聞いてもらいたくなりますよね。

そうすることで、気持ちが少し軽くなったようにもなります。

中には、自分の子供に対して愚痴を聞かせるような母親もいるのです。

しかし、母親が子供に対して愚痴を聞かせることは、子供にとって影響はないのでしょうか?

例えば、子供が母親から仕事に対する愚痴を聞かされるとします。

それによって、子供はどう思うでしょうか?

「大人になると大変!」

「仕事って大変!」

「大人になって仕事をするのって嫌だな」

そんな風に思うのではないでしょうか。

もちろんこれは母親からの父親の愚痴に対しても同じことが言えるでしょう。

「お父さんはダメな人なんだ」

「そんなお父さんがいる自分は不幸なんだ」

こんな風に思ってしまうのです。

ですから、母親が子供に対して愚痴を聞かせることはいいことではないのです。

子供には、明るい未来が想像できないような愚痴を聞かせるのはやめましょう。

どうしても愚痴を言いたいのであれば、それは子供ではなく、友達など別のところで発散するようにしてくださいね。

母親は子供に父親の愚痴を言ってはいけない!

子供に対して父親の悪口を言う母親もいますよね。

しかし、これは母親が子供に対して一番してはいけないことなのです。

では、どうして子供に対して父親の悪口を言ってはいけないのでしょうか?

それは、子供が必要としたときの逃げ場がなくなってしまうからです。

もしも、親とケンカをして親から感情をぶつけられ、傷ついたとします。

そんなとき、本来ならもう一人の親に頼ることができますよね。

しかし、母親から父親の悪口を聞かされていたら、子供は父親に対しても不信感が芽生えてしまうのです。

なので、逃げ場もなく、一人でその気持ちを消化しなくてはいけなくなってしまいます。

これは、心を回復する機会を失ってしまうようなものなのです。

ですから、子供のためにも母親は父親の悪口を言ってはいけません。

また、子供を感情的に責めたりすることも良くないので、気を付けましょう。

母親の愚痴が子供に与える影響とは・・・

母親が子供に愚痴を聞かせることは、子供にとってどんな影響があるのでしょうか?

あなたは子供の前でいろんな愚痴や悪口を言ってませんか?

不満を全く口にしないのは人として難しいですよね。

しかし、いつも母親から愚痴や悪口しか聞かされていなかったとしたらその家庭はどうでしょうか?
これは、子供にとって大きな影響を与えることになります。

すぐ身近にいる人に愚痴や悪口を口にする人というのは、自分の感情をうまく処理できない人でしょう。

でも、これが家庭内で続くと、子供も無意識にそれを学んでしまいます。

そして、その子供が大人になったときには母親と同じように愚痴や悪口を言うようになってしまうのです。

子供の頃から人の悪口や不満を聞かされ続けていると、だんだん周囲に対しての不満感や不信感が生まれてきてしまいます。

このように、母親が子供に愚痴を聞かせることは、子供の今後の生活や将来とっても大きな影響を与えるのでやめましょう。

愚痴の多い母親への対処法

では、愚痴の多い母親に対してはどのように対処したらいいのでしょうか?

まずは、母親から次々と愚痴や悪口を聞かされたとしても、決して自分が悪いと思い込まないことです

子供というのは母親のことが大好きであり、母親を苦しめたくない、母親の力になりたいと思うものです。

ですから、お母さんのためにも聞きたくない愚痴も聞いてあげようとするでしょう。

しかし、これは母親の子供に対する依存にもなります。

聞いてあげない自分が悪いのではなく、愚痴を言い続ける母親が自分でストレスの処理ができないだけのことなのです。

また、そんな母親からはできるだけ距離を置くようにしましょう。

もしも話をしているときに、愚痴がはじまったら、すぐに話題を変えるようにしましょう。

そして、用事があるなどと言って席を立ったり、会う回数も減らすようにしましょう。

連絡をあまり取らないようにすることも、自分自身の生活や心の安定には必要なことですよ。

父親の愚痴ばかりの母にこう対処しました!

では、実際に父親の愚痴ばかりの母親に対して対応をしてきたという方に話を聞いてみました。

長年同じような愚痴を言い続けた母親に対して、それが間違っていることを伝えてきたけども、やはり本人の主張を変えることはできなかったようです。

むしろそんな言葉には無反応に、愚痴を言い続けるくらいに。

ですから、一番は無視をするのがいいそうです。

愚痴を言いたくても言えない相手になればいいのです。

愚痴話がはじまったら、すぐに無視をしましょう。

愚痴を趣味にしてもらうのはやめて欲しいですもんね。

毅然とした態度を続ければ、自分の精神状態も保つことができるし、家庭内のもめごとも減っていくかもしれませんよ。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 人間関係を向上させる知恵