知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

店員に恋して連絡先を渡したい!渡された!のアレコレについて

2018.3.8

ステキな店員さんに恋をしたら、思い切って連絡先を渡してみたいですよね。

また、バイト先で見知らぬ人から連絡先を渡されたという人もいるかもしれません。

ここでは、バイト先で連絡を渡された人のホンネや効果的な連絡先の渡し方についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

連絡先が書かれたメモを渡された店員のホンネ

仕事をしているときにお客さんから連絡先を渡された…。そんな時店員さんはどのように思うのでしょうか?実際に経験された方の本音をご紹介します。

レジの仕事をしているときなんだか不自然な動きをしている人がいて気になっていました。そしてお菓子を一個購入するためにレジに来たのですが、その時に「良ければこれ」っとメモ紙をわたされました。

その時はなにかわからなかったのですが、次のお客さんもいたのでとりあえず受け取りレジに置いておきました。

仕事を終えた時にはすっかりメモの事を忘れていたのですが、帰る前に思い出しメモを読みました。

すると中にはメールのアドレスとLINEのアドレスが書いてあり、良ければ連絡くださいという言葉がありました。

その時に思ったことは「めんどくさい」です。連絡先を渡すというのは別に悪いことではないですし、それはいいのですが仕事場で渡された事がめんどくさく感じました。

仕事とプライベートは違います。仕事の場で出会ったのであれば仕事の関係になってしまいます。なので私の答えはNO以外考えられないのです。

連絡先が書かれたメモを渡された女性店員のホンネ

お客さんに連絡先を渡された場合みんなどのような対応をしているのでしょうか?

女の子のスタッフが多い職場では、最初の研修で連絡先を受け取ってはいけないという指導がされている場合もあります。

そのようなお店の場合でもお店にばれないように連絡先をもらい実際にお付き合いをしているという人もいます。

しかし、連絡先をもらう事はあいてに気を持たせることになるので断っている場合が多いです。

また、どうしてもと連絡先をもらいなんの連絡もしないのも申し訳ないと感じ、「彼氏がいるのでごめんなさい」と返答した人もいます。

渡す方も断られる事を想定の上で渡していると思うのでそこまで気にする必要はありませんが、受け取る方も申し訳ない気持ちを持っているようですね。

女性店員が見知らぬ男性から連絡先を渡されたら、恐怖に感じる場合も

お客さんから連絡先を渡されるときの渡され方、またそのあとの対応によって恐怖を感じる場合もあります。

例えば、個室などのあるお店で閉じ込められ連絡先の交換を要求される場合なんて怖すぎますよね…。

また、連絡先を渡されて「良ければ連絡下さい」という内容ならいいですが、「絶対連絡しろよ」というように脅迫されて渡されたらどのように対応したらいいのかわからなくなってしまいます。

そして、「良ければ連絡してください」という態度で連絡先を渡されて特に興味もなく連絡しないでいた場合に何度もお店に来られるのも恐怖を感じます。

なにか言うわけでもなくじろじろ見られたら仕事に集中もできません。

このように、お客さんが店員さんに連絡先を渡す場合うまくいけばドラマのような展開で素敵ですが対応を間違えるとストーカーのようになってしまったり、恐怖を感じさせることになってしまうのです。

突然知らない人から連絡先を渡される店員さんの立場になって考えて見ましょうね。

連絡先を渡されたら、男性なら嬉しいと感じることも

お客さんに連絡先をもらう事に対して恐怖を感じる場合もありますが、男性の場合は嬉しいことがほとんどです。

好きでもない相手でも告白されたり連絡先を渡されたりするのは自分が認められているようでうれしいものです。しかし、だからといってその後発展するかどうかは関係ありません。

相手に興味がない場合には連絡がないのでその時は諦めましょう。連絡もないのに何度もアプローチするとストーカーに思われてしまうので注意してくださいね。

ただ連絡先をもらう事を嫌がる男性は少ないので、店員さんの事が好きになってしまった場合は知り合いになるためにも声をかけてみましょう。

そこで興味を持ってくれないようなら諦める事も肝心です。男性は嫌がることは少ないので行動に移していくといいですよ。

もしかしたら連絡が来る?相手に好感を持たれる連絡先の渡し方

連絡先を渡すときにうまくいくためにはどんな事を意識するべきなのでしょうか?

自分が仕事をしているときに知らない人から連絡先をいきなり渡されたらどう感じますか?

いくら好みのタイプの人だったとしても顔も知らない人からいきなり連絡先を渡されたら怖く感じると思います。

なので、まずは何度かそのお店に行って顔を覚えてもらいましょう。顔を覚えてもらうためには毎日同じ時間に行って同じ商品を買う事がおすすめです。

そして少しずつ話をしていくと不信感を少なくすることができます。話をしてくれるようになると変な人と思われる事もなくなり連絡先を渡しやすくなります。

友達になりたいので連絡ください。と電話番号とメールアドレスを書くといいですよ。

いきなり付き合いたいとか、デートの約束をするのはやめましょう。

そして店員さんは仕事中なので手紙は小さめのサイズにします。この時に他の店員さんに見られないように気をつけましょうね。

このように渡すことでいきなり渡すよりもうまくいく確率が上がりますよ。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 結婚や恋愛の知恵