知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

アパートの賃貸契約期間内に解約したい場合について

2018.1.24

アパートの契約期間は2年のところが一般的ですよね。2年経つと契約を更新、又は違う物件を探さないとなりませんよね。

2年契約で借りたアパートを契約期間内に解約したい場合はどのようなことに注意をしたらいいの?

借りているアパートを契約期間内に解約したい場合についてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

アパートの契約期間満了と契約期間内の解約の違い

アパートの契約期間満了と契約期間内の解約の違いについて説明します。

アパートの契約期間満了のタイミングで解約するのは、契約を更新せずに契約終了するということです。

ですから、自動更新になってしまうと困るので、賃貸契約書を確認し、仲介した不動産会社や大家さんに伝える必要があります。

更新になる前に、事前に通知がくるかと思われるので、郵便物を確認するようにしましょう。

 

多くの賃貸物件では、解約予告期間を1ヶ月としています。

ですから、その1ヶ月前までに解約予告をしましょう。

もしくは、解約の申し入れをした日から1ヶ月分の家賃を支払うことにより契約を解除することも可能になるでしょう。

また、契約期間内の解約については違約金が発生する場合もあるので注意しなくてはなりません。

違約金については、賃貸借契約書に記載があるのでよく確認してみてくださいね。

アパートを解約したい!契約期間内の解約は違約金がかかるの?

急な転勤など、何らかの理由で住んでから少ししか経っていないのに、アパートを退去しなければならないこともあるでしょう。

賃貸契約というのは、通常は2年契約がほとんどです。

ですから、2年ごとに契約を更新しなくてはなりせん。

 

しかし、基本的にはこの契約期間内に退去をする場合は違約金が発生してしまいます。

契約期間の目的とは、その借主にその契約期間はこの部屋に住むということを保証することになります。

ですから、基本的には契約期間内の退去には違約金が発生することになります。

 

さらに気を付けなくてならないのは、退去の連絡日です。

契約書にも記載されているように、退去の連絡はその予定の1ヶ月前には行うということです。

この1ヶ月の猶予によって、管理会社や大家は新しい入居者を探したり、紹介することができるからです。

なので、契約期間内の退去する場合は、退去の連絡日に気を付けましょう。

アパートの契約期間中でも解約は出来るの?

アパートの契約は、契約期間中でも解約することはできます。

このことは、契約書にも記載されているはずです。

この中途解約については、だいたい1ヶ月前に予告したら解約できるというものが多いでしょう。

もしくは、それが過ぎてしまっている場合は、その1ヶ月分の家賃の支払うことで解約できるということです。

もしも、契約書にこの中途契約について何も記載がない場合は、不動産やに相談してみるといいでしょう。

契約内容については協議して決めることも契約書に書いていることが多いのです。

ですから、契約に関することは相談しても問題ありません。

場合によっては、中途解約によって違約金が発生する場合もありますので、よく確認して注意しましょう。

まずは、契約書を確認しておくことが大切です。

賃貸物件を解約する時の手続きの仕方について

では、賃貸物件を解約する時の手続きについてご紹介致します。

まず、契約書の解約についての項目を確認してみてください。

 

ここでチェックするポイントは、「いつまでに」「どうやって」解約を通知するかということです。

もしも、書面をもってと書かれていない場合は、そうやって解約の通知をしたらよいのか管理会社に確認するといいでしょう。

 

それから、解約時の家賃についても確認しておきましょう。

契約終了月の家賃が「日割り」なのか「月割り」なのか「半月割り」なのかということを確認しておく必要があります。

自分ではもう解約だから家賃がかからないと思いこんでいたのに、いきなり家賃が引落されていたら焦りますよね。

 

そのためにも、契約書でどのように決まっているのか理解しておきましょう。

物件によっては短期解約による違約金があるところもあるので気を付けましょう。

解約日をあと数日延ばすだけで違約金を払わなくて済む場合も考えられます。

その場合は、解約日を延ばした方がお得になりますよ。

賃貸契約の違約金の支払いはしないといけないの?

賃貸契約の違約金の支払いとは、どうして設定されているのでしょうか?

通常は、契約時に入る礼金によって、部屋の修繕などをします。

しかし、最近では礼金が安く設定している物件や、礼金がかからない物件もあるのです。

そのため、短期解約を防ぐためにも、違約金を設定していることがあるのです。

 

短期で解約することが見込まれる場合は、契約費用を抑えて入居することもできるととらえることもできます。

違約金が嫌であれば、もちろん違約金の支払い設定がない物件を探しましょう。

契約をする際には、しっかりと内容を確認して行いましょうね。

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - よりよい生活に役立つ知恵