知識に知恵を与える

知識に知恵を与える│INTELIVIA

彼氏との関係に不安を感じて泣くのは、破局への道をたどってる

2018.1.14

彼氏への気持ち。
好きで好きで、ウキウキ・ワクワクするはずなのに、なぜか不安を感じて泣いてしまうのはどうしてなのでしょうか?

彼からどの位、思われているのかわからなくて、不安に思い泣くことって、女の子にはあることですよね?

でも、このように「彼の気持ちがどの位?」と感情を測るようなことをするのは、別れへの近道なのです。

相手があなたのことを少しだけ好きでも、たくさん好きでもどうでもよくないですか?
大切なのは、お互いにどのような関係を築いていけるかです。

彼氏へ不安な気持ちをぶつけて泣くのは、別れへのカウントダウンです。

付き合う関係になったらやってはいけないことがあると思います。

 

  • 彼氏が自分をどれだけ好きかを確認したがる。
  • 好きと言って欲しいと強要すること。
  • どれだけ自分のことが好きなのか試してみる。

 

まだまだあると思いますが、最低限これはやってはいけないと思います。

これは付き合っている相手を疑っていることになるとおもいませんか?
それでは良くない方へ行ってしまいますよ。

誰でも疑われていると感じるといい気はしないですし、好きな気持ちが冷めてしまうことだってありますね。

恋愛の感情は、いい時もあれば悪い時もあります。好きの感情はいつも一定ではないのです。
彼氏が「好きだよ」といっても「ほんとに好きなの?」と返されると冷めてしまいますよ。

彼氏とのことが不安で泣くのは、幼さの証拠。

付き合っているカップルが別れの原因になることに、「男性の沈黙」と「女性の涙」というのがあると言います。

涙を流す女性は多いかもしれませんね。女性は感情表現が豊かなので、普段から涙を流しやすい傾向があるでしょう。

一方男性の場合は、「男の子なんだから、すぐに泣くんじゃない!」と言われてきた人も多く、泣くことに抵抗がある人もいます。

 

女性が大泣きした場合、同じ女性同士ならなぐさめあうことをしますね。
抱きしめたり、肩をさすったりするでしょう。そんな経験はありますよね。

ですが男性の場合は、そういった機会に出会うことってあまりないのです。なので、泣かれてしまうとどうしていいのかわからないものです。

「彼女に何があった?」「泣かすような悪いことしたかな?」など不安になったり驚いたりするのです。

また「泣けばすむと思っているんじゃない?」と感じる男性も中にはいるようです。

目の前の泣いている女性をうろたえることもせずに、慰めることが出来る男性は、女性への接し方がかなりうまいといえますね。

彼氏のことを考えると不安になって泣く私。どうしてこうなるの?

好きな人と付き合うことができて嬉しいと感じる反面、同時に不安な気持ちになるということもありますね。

付き合っているんだから好きでいてほしいし、相手が今何をしているのかも気になってしまいますね。

飲みに行くと聞いたら誰と行くのか気になりますし、勝手な妄想までしてしまいます。
考え過ぎて不安で息苦しくなるときもあります。

好きだからこその気持なんですが、勝手な妄想で相手に当たってしまう自分がイヤです。

 

そんなときに考えついたのが、「自分に自信を持つ」ことです。
自分に自信を持つ為にまず、「自分磨き」が大事だと思います。

なにか目標があって頑張っている人ってキラキラしていると思います。
興味や関心のあることや、運動だって勉強だってなんでもいいんです。努力を積み重ねていくうちに自信がついてきます。
彼氏に依存するのではなく、せっかくの恋愛を楽しいものにしたいですね。

その気持ちは『見捨てられ不安』?

「見捨てられ不安」とはなんでしょう?

小さいころの育った環境が影響しているそうです。
相手と同じ気持ちを求めてしまうために、一度拒否されたと感じるとマイナス思考になってしまいます。

相手と考え方や価値観が違って拒否されて拒絶されたと考え嫌われた・・・と受け止めてしまうのです。

 

そして見捨てられたと思い込み、その不安は連鎖反応を起こしていきます。
自分に自信がないので自己評価は低く、マイナス思考にかたよって不安な気持ちが続いています。

人は誰にでも見捨てられる事はあるものです。
「自分だけじゃない!」「見捨てられても何とかなる!」などポジティブに考えてみましょう。
開き直って勇気をだすことで楽になれますし、不安も消えますよ。

男性が、女性と一緒に居て一番に不安に感じるのは『沈黙』

付き合って最初のころは、お互いのことを知りたくて会話もたくさんあったのではないでしょうか。
ですが、長い時間付き合っていくうちに会話は減っていくこともあります。

 

話すことでもないかなと思うと、会話やメールや電話の回数も減っていきます。
会話が減っていくと、彼氏のほうは不安を感じるようです。
最近会話が減った気がする、些細な話しでも聞きたいのに・・・と感じています。

 

彼氏の方から聞かない限り、自分から話し出すことは減っていませんか?
不安な彼氏の気持を取り除いてあげるためにも、二人の会話を大事にしましょう。

「〇〇が美味しかった」「今日は仕事が大変だった」などでもいいのです。
最近会話が減った・・・という彼氏の不安をとることが出来ます。
話しをしたい気分じゃない時は、「疲れているから」など素直に伝えてもいいでしょう。
最初のころのように、新鮮な気持ちで会話をしてみると新たな発見があるかもしれませんよ!

この記事の編集者

INTELIVIA

INTELIVIA

INTELIVIAでは日々の生活の中から学ぶことを大切にすることで、知識を知恵にプラスする情報を少しづつですが更新しています。

WEB SITE : https://intelivia.jp/

 - 結婚や恋愛の知恵